From:今田 覚
新宿の喫茶店ルノアールより。

 

それはまるで、刑務所で尋問にあっているようだった。

というのも、隣に座っている男女が、犯罪者と警官のような会話をしているからだ。

 

男性は20歳くらい、女性は30歳くらいだろうか。

敬語を使っているので、カップルではないのは分かる。

 

一体、どんなやり取りか?

こんな感じ。

 

女「趣味は?」男「テニス」

女「彼女は?」男「いない」

女「欲しいと思う?」男「別に」

女「なんで?」男「面倒臭い」

私は隣でサンドウィッチを食べていた。
話しはまだ続いた。

 

女「バイトしたことある?」男「ある」

女「どんな?」男「セブン」

女「なんで?」男「親に言われた」

女「将来の夢は?」男「ない」

 

もしこのような単調の質問のやり取りがあったとして、30分も続いたら、あなたは耐えられるだろうか?

私は絶対に耐えられない。

しかし、どんな罰ゲームだったかのかは分からないが、彼らは30分の拷問をやってのけた。

 

二人の目的は何か?

 

もしこれが、女性側の営業目的だとしたら、あまりにも「拒否」され続けていたので、絶対に不利な立場にいただろうと思う。なので、単なる出会い系で知り合った人たちなのかな〜と思っていた。

 

しかし、私の勘は完全に外れた。

 

女性の目的は「勧誘」だった

 

女性は突然様子がおかしくなり、資料を取り出して、彼を説得しようと必死になった。

「私はこれで、こんなに人生が変わったから、君にもそれを教えたいと思ったんだよね。きっと君にもできるよ。そして・・・」彼女は続けた。

  • 「好きな時に海外に行って」
  • 「好きな時に仕事をして」
  • 「好きな時に遊ぶことだってできるんだよ!」

「一緒に頑張っていかない?」

(怪しすぎるわ!!!)

 

必死に説明し続ける彼女に対して、彼はこう即答した。

 

「いや、いらないです」

 

一体、何が起こったのか?

 

彼女はやっとの思いで質問を終えて、説得するための準備をしていたが、たった一言で「撃沈の空気」に変わった。

ショックを隠しきれない彼女の声が震える。後押しとして、不器用な説明をしている。。。

 

これは、営業に失敗した物語。
なんと、それは私の隣で起こったのだ。

とは言っても、客観的に見たら「下手だなー!」とか思ってしまう。

営業は「聴く」ことが大切だなんて言われるが、彼女は愚直に実践していたように思う。

にも関わらず、彼女はフラれてしまった。

 

なぜか?

 

私たちは、相手の話を深く聞いているフリをして、全く聞いていない傾向がよくある。もっと言うと、寄り添って聞いていない。

まるで魂が入っていない。

「聞き上手は話し上手」なんてのは誰でも知っているが、実際にそれを実践するのは難しい。

 

この話の教訓

 

心がこもっていなければ、すぐに見抜かれる。

 

私たちは、つい相手のことを考えているようで、商品やサービスのことしか考えていない傾向が強い。それがたとえ、最初は「相手のため」と思っていたとしても。途中から焦って、気付かないうちに自分のことしか考えなくなってしまう。

 

自分の話しで恐縮だが、私はやっと、相手のことを考えて動けるようになった。

最初はエゴの塊だった。もちろん、今もそんな時がある。

でも、心から感謝してもらい、心から仕事を任せたいと思ってもらえるようになったのは、ちょっと前からである。

 

私たちは、自分自身とのエゴと戦って、人間力を磨いていかなければならないと思う。

 

一番大切なのは、目の前にいる人を助けることだろうか?

商品やサービスを売ることだろうか?

売り上げを上げることだろうか?

 

それとも、自分自身だろうか?

 

P.S.

隣に座っていた男性が帰ったと思ったら、今度は別の男がやってきた…

第二弾の営業の始まりだ。頑張れ。

 

P.S.S

こんな記事も読まれています↓

これが、ビジネスを崩壊させる原因