From:今田覚

 

飯田橋駅の近くにあるラーメン屋での話。

僕は、尊敬する経営者に相談をしていました。

料金設定の話しでした。

 

僕は料金を決めるとき、いつも相手の顔を伺って「高いですね〜」と思われないかビクビクしていました。さらに言えば、できるだけ安くすることが相手のためになる。そう思っていました。

自分も相手もWinWinなんだと。

 

でも、その経営者にこう言われました。

 


責任取りたくないから安いんでしょ?


 

「責任取りたくないから安いんでしょ?

大きなお金を支払ってもらって、失敗したら怖いし痛い目にあうし、大きなリスクを取りたくないから安いんでしょ?

それって相手のためって言ってるけど、安くしたら責任が少なくなるし楽だから、安いから文句言わないでね。っていう無責任で保守的な価格設定じゃないの?

そんなんで、俺はライティングを頼みたくない。」

 

という言葉をいただきました。

痛いのは耳だけではありませんでした。

ここまで直球では言われていませんが、そういう意味だと捉えました。

 

本当にその通りでした。

 

無意識に「責任逃れ」をしていたのです。

でも、それを言われて腑に落ちました。

「確かにその通りだ…」

 

もちろん、価格設定は難しく、ケースバイケースです。でも、、、

  • 高い金額をとって失敗したらどうしよう…
  • 高いって言われたくない…

という負のエネルギー状態で設定する価格は、きっと相手のためでもなんでもなく、自分のことしか考えていない証拠なんだ。。。僕はそう思いました。

気付かされました。

 

僕はもう安売りはしない。

そう決めました。

 

あなたは価格設定をする際、何を基準にして設定しているでしょうか?

相手が喜んでもらえる価格でしょうか?

自分が喜ぶ価格でしょうか?

 

それとも、責任逃れのため価格ですか?

 

 

今田

 

P.S.

なぜ、ラーメン屋なのか?

とある経営塾の帰り、時間は23:30。

どこも空いてなかったんです・・・(*゚v゚*)