【規約違反を防ぐ3ポイント!】Googleアドセンスを極める方法

頑張るのはもう…
ヤメよう…

なぜ、気合いや意志力が目標達成の壁となってしまうのか、知っていますか?なぜ、歯を食いしばって頑張ると、目標達成から遠ざけてしまうのか知っていますか?

誰もがご存知の通り、「気合い」や「意志力」というのは長く続けられるものではありません。人は力を入れ続けることができないのです。

例えば、腕相撲を全力で行い、その力を1時間も継続することはできますか?もちろん、そんなことは無理な話です。むしろ、10分すら持たないでしょう。

しかし、ほとんどの人が…

「自分には意志力や気合いがないからダメなんだ…」

と勘違いし、自分を責めてしまう人が少なくありません。もはや、気合いや意志力はそれ程重要ではない問題です。ではなぜ、意志力や気合いは逆に目標達成から遠ざけてしまうのでしょうか…

理由は簡単です。

人は、楽しいことしか続けることができないからです。言うまでもありませんが、「無理している状態」は3日と持たないでしょう。

もちろん、目標達成するにあたって「意識すること」は大切です。ここで言うのは、「意識しすぎ」や「頑張りすぎ」ということを言っています。

確かにモチベーションの継続は必要なことです。この記事では、モチベーションを継続する方法と目標達成する方法のコツを説明しています。しかし…

あなたはもしかすると、今から話すことが信じられないかもしれません。なぜなら、私たちは小さい頃から、「気合いや意志力は大事なことだ」と教えられてきたからです。

目標達成のコツというのは、もっと簡単でシンプルなことだったのです。

目標達成方法のコツと、間違った考え方とは?

もちろん、目標達成に向けて努力は必要です。

「はぁ?今田さん…矛盾してますよね」

と思う方もいるかもしれません。ここで言う「頑張る」の定義は“無理をしている”ということです。“歯を食いしばる”“気合い”そして“意志力”と考えている時点で「無理」をしています。

想像して見てください。

そんな無理をしている状態で、モチベーションを上げ続けることはできるでしょうか?いや、もしかしたらできる人がいるかもしれません…。しかし、想像を絶する「意志力と気合い」が一体どれだけ必要なのでしょうか…。

人間は無理をした状態を継続することは困難です。もちろん、できないとは言いません。

「自動目標達成システム」とは?

具体的に「じゃあどうすればいいのか?」ということですが、一言で例えるならば「脳を錯覚させる」ということです。むしろ、これだけで十分です。

人間の脳には、動物の中でも最も優れた“コンピュータ”が設置されています。それが「自動目標達成システム」です。誰の脳にも存在しています。中には“潜在意識”と呼ぶ人もいますが、この言葉だと胡散臭く聞こえてしまう人も少なくないと思うのでここでは「自動目標達成システム」と呼んでいきます。

「自動目標達成システムって…勝手に目標に向かってくれるってことですか?」

そうです。意識しなくても目標達成に向かってくれる脳のシステムです。誰にでも使いこなすことができます。

しかし、あなたはまだ信じることができないかもしれません。このコツというのは1920年頃から開発・研究され続け、昔も現代も成功しているスポーツマンやビジネスマン、特にアメリカではこのコツを使っている人が多いのです。

では詳しく説明していきます。

人間は考えたことが感情になるという「プロセス」を持っている

今から重要なことを言います。

人間はこれから起こるかもしれない楽しいことを想像すると、ワクワクや楽しい気持ち、モチベーションが上がるように出来ています。

逆に、これから起こるかもしれない嫌なことを想像すると、不安や嫌な気持ち、モチベーションが下がるように出来ています。

例外はありません。

「はぁ?そんなの当たり前だろ」

とあなたは思ったかもしれません。しかしこれが、脳を錯覚させるのに大きなヒントになります。

重力に逆らうことが不可能なように、人間には誰にも変えることのできないプロセス、「考えたことが感情(気持ち)になる」という事実があります。

つまり、人間が行動に移るまでのプロセスはこうです。

人間「考える(想像・思考)」→「気持ちになる(感情)」→「行動する」→「結果」というプロセスです。

そのまま文章にすると、“人間は考えたことが気持ちになって、気持ちによったことが行動に移り、行動したことが結果に繋がる”ということです。「心と体は繋がっている」と言われる理由は、このプロセスを辿っているというのも一つの理由と言えるでしょう。

まとめると、「人間は考えたことが結果に繋がる」ということです。

有名な成功哲学者であるナポレオン・ヒルは原著「思考は現実化する」を書きました。同じくDr.モルツは心の舵を取り、目標達成する方法であるサイコ・サイバネティクスを書いています。

すべて、想像力を原点にしています。

他にも、ナポレオンボナパルトは「人間はイマジネーション(想像力)によって自分を収める」とまで言っています。

具体的な目標達成方法のコツ

Googleアドセンスとは?報酬はどれくらい?

これから述べることを実行すれば、必ずあなたも目標達成できます。

「必ず」です。

目標達成方法のコツ1

「自分が目標達成している姿を具体的に想像する」

ダイエットを目標としているのであれば、自分が痩せている姿を具体的にイメージします。そして、友人や家族からは、「どうやって痩せたの?本当に綺麗になったね!」と褒められています。

着たい服は何でも着ることができて、毎日のコーディネートが楽しみで仕方ありません。人混みの街中でも堂々と歩いています。通りすがった男性(または女性)が何度もチラっと振り返り、こっちを見ています。「めっちゃ可愛い人いるんだけど!」と話している声が聞こえます。

飲み会や合コンに誘われると、いつも連絡先を聞かれるほどの・・・

という、自分自身が理想とする自分自身を具体的に鮮明に思い浮かべます。感情が動いて本当に嬉しくなることがコツです。

目標達成方法のコツ2

「習慣化する」

毎日続けなければ意味がありません。想像する目的は、意志力や気合いがなくても「頑張りたくなる」つまり「行動したくなる」ように脳を錯覚させることです。想像力も継続し、練習が必要です。

毎日目標達成をしている気持ちになることで、そうなるための「行動」を自動的にするようになります。

目標達成方法のコツ3

「目標は現実的なものか?」

そもそも「叶うわけがない」と思っている目標であれば難しいでしょう。始めたばかりのギターで明後日には「武道館コンサート」なんていうのは現実的ではありません。

目標達成方法のコツ4

「難しく感じた場合」

人は例外なく、誰でも想像することができます。

「やれ」と言われると難しいと感じる人も多いかもしれませんが、気づかないうちに私たちは自動的にこの想像力を具体的に、そして鮮明に使っていることを思い出してみてください。

「思い出し笑い」をしたことがないという人は存在しないでしょう。思い出し笑いをする時は、その時のことを具体的に頭の中で再生しているから笑うことができるのです。

また、起こるはずもない明日のプレゼンテーションのことを考えては、人前に立ち、まともに喋れていない自分を想像する人もいるでしょう。この時の想像力はかなり具体的に鮮明に全力で使いこなしています。

だから、当日も足が震え、声も裏返り、目の前が真っ白になるのです。理由は簡単です。失敗のリハーサルを何回も繰り返したからです。

その人は「脳をうまく錯覚」させ、萎縮しています。想像したことが行動(萎縮や仕草、緊張)に移っています。

人間の想像力は偉大です。

なぜなら、、、

「人間の脳は、実際の行動と想像上の経験を区別することができない」

からです。こう言ったのは、Dr.モルツです。50年以上前に実証済みなのです。しかも偉人たちのほとんどが想像力が目標達成においてのコツだと言っています。

それに関わらず、ほとんどの人がこれを信じません。

やることは無料なんですけどね。

つまり、目標達成方法のコツは習慣化…

成功のリハーサルを習慣にします。

あなたが心の中でリハーサルしたことは必ず気持ちになります。でも、成功のリハーサルをするか、失敗のリハーサルをするかはあなた次第ですが…

最初はちょっと意識が必要です。意識しすぎはよくありません。そして、大切なのは、悪いリハーサルをしても、自分を責めないことです。さりげなく良い想像に変えてください。

つまり、、、

目標達成方法のコツをまとめると、夢が叶っている自分の姿を思い描いて、行動したくなるようなモチベーションを継続させることです。この習慣が続くと、目標達成に向けての行動が当たり前のものとなって「頑張っている」という気持ちすらなくなります。

なぜなら、無意識に行動を取るよう、脳に目標がセットされます。

むしろ、このコツを実行し続けている間に「達成していた」ということになることが多いです。そして、その瞬間を毎日自分でリハーサルしていたので、「運命だったんだ」と思ってしまう程です。

是非、試してみてください。