【自己啓発が目標達成に必要な理由?】

なぜ、自己啓発が目標達成には欠かせないものなのか知っていますか?

結論から言うと、自己啓発を自分自身にインストールすることができれば、誰でも目標達成に向けて前進し、結果を得ることができます。

そして、同じ本・同じセミナー・同じ講師がいても目標達成できる人とできない人の違いについても関わってくるのでご説明していきます。

「自己啓発書を読んでも自分の考え方は変わらない」「意味がない」と思う人も少なくはありませんが、自己啓発というのはストレスをいかに少なくして目標までたどり着くことができるか、という言葉や知識・考え方です。

人は”考え方”によって感情が決まり、感情が行動へと移るように作られています。そして、その行動が結果を生み出すのです。“考え方は結果そのもの”です。

つまり、”考え方”が変わらなければ”行動”も変わることはありません。現在のあなたの考え方で欲しいものが手に入らないのであれば、考え方自体を変える必要があるのです。

あなた次第で”考え方”は簡単に変えることができます。しかし、すぐに身につくものでもありません。無意識(習慣)となるまでには少し時間が掛かります。

自己啓発とは?

自己啓発とは、簡単に言うと「自分の成し遂げたいことをスムーズに達成するための考え方」や「自己成長」に関する知識と言っていいでしょう。

自己啓発を学んでいる人が、いとも簡単に目標を達成できてしまう理由は、ストレスを感じない方法や少なくする方法を知っているからです。

“才能があるから目標達成ができる”というのは幻想に過ぎないということです。私たちはいとも簡単に人生のトラップに引っかかり、自分の能力を低くみてしまっているのです。

誰もが”才能を作るチャンス”が与えられているのに限らずです。

目標達成できる人は「目標達成をするのに必要な考え方」を身につけています。人間は、ネガティブな感情のまま行動をすることが困難なのは誰もが知っています。

でも、なぜでしょうか?心の舵の取り方は先生や両親も教えてくれないのです。

心の舵の取り方、思考のコントロールを教えてくれるのが自己啓発です。

自己啓発を自分自身にインストールする(身につける)ことによってモチベーションも維持することができます。

モチベーションが維持することができれば、目標までの道のりが加速し、まるで新幹線に乗ったスピードで達成することができます。

逆に、自分を責めてばかりの人は立ち止まってばかりで、もはや歩いていたり、立ち止まったりしてしまいます。これでは目標にたどり着くのはいつになるのか分かりません。

「成功者の考え方を身につければ成功できる」という格言は真実です。

では、どうやって自己啓発を学べばいいのでしょうか?

自己啓発の学び方とは?

自己啓発は目標達成に必要不可欠です

自己啓発書を何百冊も読みました」という人でも”何も変わっていない人”がいるのはなぜでしょうか?

自己啓発だけに関わらず、その分野について何百冊と精読しているのに関わらず全くその人の人生には反映されていないのです。このような現状の人をあなたは見たことがありますか?

実は、学ぶことに当たって重大な原則があるのです。この原則を守れていないければどんなに勉強しようが、どんなに本を読もうが変わらないのです。

その原則というのは、

実践や行動に移せているか?

ということなのです。

とんでもなく野球が大好きで、何十年も野球に関する本を何千冊と読んだところでカーブやフォークは投げれるようにはなりません。

どんなに料理の本を読んだとしても、何も実践していなければ数日後はそのレシピは忘れているでしょう。しかし、たった一回だけでも作ることがあれば、その料理は覚えていることができるはずです。

目標達成できない考え方とは?

あるセールスマンの話なのですが、ラポールトークからクローズトーク(セールス用語)に関して勉強していました。しかし、それを行動に移せていないにも関わらず「あの本は役に立たなかった」という人もがいるのです。

また、自己啓発書で有名なナポレオン・ヒル著者の『思考は現実化する』を読んで、「別に現実にならなかったし・・・」という人もいます。

他にも、『歌が上手くなる本』を3回ぐらい読んで「全然上手くならなかったからあの本は読まないほうがいいよ」という人もいます。

この人たちは決して手を抜いている訳ではなく、真面目に本を読んでいます。しかしある共通点があります。

本を読み終えることが目標になっている

実行に移すことにフォーカスしていない

勘違いしている人が多いのですが、どんなに素晴らしい本でも、どんなに稼げる本があったとしても、それをただ読んだだけでは人生には何も反映されません。当たり前のことですが、“行動が変わらなければ結果は変わらない”ということです。

このような人たちは、“本をとりあえず読み終えること”で満足を得るのです。「自分はこれだけの本を読んでいる」という自己満足によって何も身に付かないのです。その本からどれだけ自分の人生に反映させられるかは、どれだけ本の内容を行動に移せたか?に掛かっています。

読み終えることが目標になっている人は「良い話だった」で終わり、その後の行動は何も変わらないのです。誰もが陥りがちなトラップなのですが、読み終えることではなく、”この本の内容をどれだけ行動に移すことができるか”によって学びの質と定着度は天と地ほどの差になります。

セミナーなども一緒です。「良い話だった」で満足して帰る人は多いのですが、すぐに成果を出す人は「帰ってすぐに実行すること」というリストを作っているのが分かります。

自己啓発を学ぶことで、“すぐに行動に移すことの大切さ”というのも学ぶことができます。それだけではありません。目標達成に向けてのストレスや壁などを簡単に突き抜ける方法はいくらでも学ぶことができるのです。

自己啓発は目標達成・人生をサポートする

自己啓発とは、自分自身を成長させ、目標達成へのブレない精神力の育成と、心の舵のコントロールを学べる唯一の学問だとも言えます。

目標達成が出来ない考え方のままでは目標達成はできません。

目標達成ができる考え方になれば目標達成はできます。

つまり、偉人たちと呼ばれる成功者たちの目標を達成をするに至った経歴、どのような考え方で達成することができたのかを学び、その行動を取り入れていくことで”成功者マインド”になることができます。

自己啓発は目標達成だけでなく、人間関係や家族関係にでも何でも当てはめることができます。

しかし、先ほども言った通り、どんな分野でも学んだことを実行に移すことができなければ、結果は何も変わりません。その知識は人生に反映されることはないのです。

つまり、どんなに勉強に費やしたところで、実行に移せない知識は”無いのと同じ”なのです。

どんな本からも行動に移せることができなければ学べることはあります。”ただ読むだけ”マインドは今日からやめることができます。それを実行するかしないかはあなた次第です。

考え方を変えることは誰でもできます。ただ、実行するかしないか、という単純なことなのです。

【目標達成方法のコツ?】もう頑張るのは辞めてください。