「ぶっちゃけ、治療院にSEO対策って必要あるんですか?」

ダイレクトレスポンスマーケティングDRM

この前、ある治療院を運営している先生にこんな質問を受けました。サイトからの訪問者が少なくて、ある程度上位に来ていたとので疑問に思ったとのこと・・・

実は、このように思う人は少なくありません。

ほとんどの治療院はサイトがあるにも関わらず、思うように集客ができずにいます(例え需要がたくさんあって検索されていたとしても)。

なぜでしょうか?

この記事は、「集客はもう必要ない」「リピート患者だけでウチは潤っている」「SEO対策もバッチリだ」という人には必要のない記事です。

その逆に、「高い費用を払ってSEO対策のコンサルを受けてるけど、あまり効果を感じずイライラしている…」「本当にこの方法で検索上位に上がるんだろうか…」「もしかしたら間違った更新をしてるんじゃないか…」と思っているなら、きっとあなたのお役に立てるでしょう。

SEO対策って本当に必要!?

ご存知の通り、多くの治療院ではSEO対策に力を入れています。上位に表示されている治療院も多くあります。

でも、問題なのは何位からを「上位表示」と言っているのか?ということです。

実は10位以内に入らなければほとんど意味がありません。つまり、1ページ目(1位〜10位)と2ページ目(11位〜と20位)では天と地ほどの差があるという事実です。

もし10位以内に表示されていて集客ができていないなら原因はSEOではありません。サイトの作りやデザイン、行動心理に基づいた文章になっているか、など原因はいろいろと考えられます。

しかし、10位以内に入っていないのであれば、実際に正しいSEO対策がされているかは疑問です。なぜなら、「最初に業者に頼んでやってもらったよ」という人がほとんどだからです。

これは危険です。

Googleは次のようなサイトを高く評価するからです。詳しくお話しします。

よくある間違ったSEO対策とは?

最悪なのは、たった一回の対策ではまったく意味がない、ということです(同じ地域にライバル院が数店舗ある場合は特に)。

確かに、SEO対策には知識が必要ですし、サイトにはGoogleから好かれるための設定がいくつか必要です。何よりも重要なのは更新頻度を上げるということです。

どんなに最先端なSEO対策を知っていたとしてもこれは間違いないでしょう。その証拠に、「ノート 書く」とグーグルの検索窓口で検索してみてください。1位に私の記事が表示されるはずです。

この記事は、最初から1位を取っていたわけではありません。更新していくたびにグーグルから「価値のある記事」だと評価されてどんどん上がってきたんです。そして、怖いことがもう一つあります。それが、これです。

最近のSEOコンサルタントの衝撃の事実

もし、SEOコンサルを雇う際に「更新頻度」や「記事を書いていく必要性」を言わない業社は「怪しい」と思った方がいいでしょう。

SEOコンサルは小規模サイトだけでも数十万もします。決して安くはありません。また、Googleのルールは常に変わっています。価値のないサイトはどんどん検索上位から下げられています。では、一体どうすればいいのか?

実は、今後、ずっと変わらないルールだと言われていることがあります。おそらく、この3つのルールに沿ってサイトを育てていけば、あなたのサイトは長期的にライバル院をぶっち切って上位表示し続けることができるでしょう。

この3つが、もっとも重要視するべきルールです。

最も重視すべき3つのSEO対策

①読まれる記事(価値ある記事)

つまり、サイトに訪れた患者(読者)さんが、どのくらいサイトに滞在しているのか?どのくらい長く読まれているのか?ということをグーグルは常に見ています。「滞在時間」が重要ポイントです。

数年前、SEOテクニックを使う人が増えて、つまらない記事や読まれない記事でも誰でも上位表示ができちゃう時期がありました。それを防止するためのルールが「滞在時間」だとも言われています。

②更新頻度を多くする

たった一回でサイトやサイトの記事が上位表示する、なんてことはほとんどありません。同じ地域にライバル院が多い場合は特にです。

でも、地域であなたの院しかないなら、比較的検索上位は簡単かもしれません。サイトをアップした時点で上がることもあるでしょう。

は、更新頻度が高いサイトを評価する傾向にあるので、お客様の声だったり、整体の知識だったり、「患者さんが求めている情報」を常に更新するだけで、サイトの成長、上位表示、多くの患者さんを集めてくれるようになるでしょう。

③正しいキーワードを選定する

とはいっても、ただ記事を更新するだけでは意味がありません。上位表示するための設定やキーワードの選び方も重要です。

例えば、「立川 整体」の2単語で上位表示したいなら、「立川」と「整体」の文字を記事の中になるべく多く入れるようにします(あり過ぎもグーグルからスパムとして見られるので注意が必要です)。

よく、、、「たくさんこのキーワードを記事に入れなきゃ!」と思って、不自然な記事になる人が多いのですが、これもいけません。グーグルは「自然を好む」と言われています。不自然な記事よりも、読まれる記事、価値のある情報が最終的に売り上げに繋がるのです。

難しく考えなくても大丈夫!

細かいように思うかもしれませんが、知ってしまえば簡単です。

SEO対策で重要なのは「Googleは自然を好む」ということを知った上で記事を書くことです。

ご存知のように、「何もしなくても患者さんが集まる」という時代は終わりました。治療院もSEO対策だけでなく、マーケティングも必要とされています。

アメリカで有名なマーケターのダン・ケネディは、カイロプラクターに「社長の仕事はマーケティングだ」と言っていました。結局、集客をするのは先生だからです。

P.S.

技術を売るよりも、もっと売らなければならないものがあります。きっと私だけでなく、あなたもこのトラップにハマっているのではないでしょうか?

治療院で売るのは何?技術?治療?違います…