繁盛してる整体院があなたに知って欲しくない13の集客方法

集客

私の名は今田覚。整体院の集客を手伝っています。

ご覧のように、この「カッパ海老せん」を加えているブサイクな子供は、幼稚園の頃の私の写真です。なぜ、こんなワケの分からない写真を載せたのか?これには重大な理由が2つあります。

  • まず一つ目は、あなたの注意を引きたかったから・・・
  • 二つ目は、自分の恥をさらしてでも、集客に重要な13の秘密を、最後まであなたに読んで欲しいと思ったからです・・・

もし、ちょっとした変更で予約電話の反応率が上がるとしたら、あなたは使いたいと思いますか?しかも、考える必要がなく、シンプルで、誰でも簡単にできるようなテクニックがあるとしたら・・・

売れる整体院とそうでない整体院の集客方法の違い

こんな人は絶対にこの記事を読まないでください!!

  • 「今日は疲れたから明日にしよっかな…」という思考が癖になっていて”後回しスキル”が一人前になっている・・・
  • 「あ、それ聞いたことある」「知ってる」「当たり前じゃん」と言っているわりに、実際には全く使えていなくて”知ってる知ってる人間”になっている・・・
  • 「それはウチの整体院では使いたくない」と言って、予約電話率(反応率)よりも格好良さやプライド、デザインにこだわっている・・・

このような人は、今すぐこのページを離れ、別の集客方法を探すようにオススメします。なぜなら、今から伝えることを聞いても「あ、それ聞いたことある」と言って後回しにするからです(たとえ知識が豊富で物知りだったとしても!)。

その逆に、、、

  • どうすればもっと患者さんを集めることができるんだろう・・・
  • まだ実践できていないことで、効果的な方法は何だろう・・・
  • ただ学んだだけで後回しスキルが一流になっていないか・・・

と思っているのであれば、この記事はお役にたてるでしょう。

繁盛整体院がバレたくない集客方法の秘密13

私は、どうすればもっと多くの人にブログを読んでもらえるんだろうか、、、と悩みに悩んで出した結論があります。正直、考えることが面倒臭くなりました。周りくどい文句もやめようと思いました。その代わり、、、

繁盛整体院が実行している13の集客方法をお伝えします。なので、今すぐこの続きを見てください。

繁盛整体院がバレたくない集客方法の秘密1『期限をつけると反応率が上がること…』

なぜ、私たち人間はこんなにも「後回し」にしてしまうことが多いのでしょうか?

明日にしよう。明後日にしよう。これとこれとこれが終わったらにしよう。なんて言っていて、気付いたら3日が過ぎているのです。。。言うまでもなく、私たちは究極の怠け者。

ダイレクトレスポンスマーケティングの権威として世界的に有名なアメリカのダン・ケネディは、、、

期限がなければ、人間は必要以上の時間を掛け、膨大な時間を無駄にしている。終わるまで仕事をやり続けるのだ

と言っています。

え?一体何が言いたいのかって?

つまり、あなたが感覚的、直感的にも経験している「後回しスキル」は、人間共通だということです。つまり、「患者さんも究極の怠け者」。どんなに素晴らしいキャッチコピーを書いたチラシ、どんなに素晴らしい割引を使った広告、どんなに魅力的なサイトを作っていたとしても、「明日予約しよう」と思われたら、あなたも経験済みの「明日はやってこない・・・」という結末になるでしょう。

後回しはセールスの敵

ご存知のように、あなたの周りには魅力的な整体院が数多くあります。そんな中、後回しにされてしまったら、そのスキを見て、他のライバル整体院があなたの見込み客を奪ってしまいます。これは大袈裟ではありません。

率直に言います。

期限があるのとないのとでは成約率が何倍も違う。

さて、あなたのセールス媒体に期限はあるでしょうか?もちろん、定価として常に用意している値段に期限はいらないかもしれません。しかし、チラシや広告、季節限定のものに期限をつけないのは非常に成約率を落としていることになります。

さて、偉人だったか、マーケターだったか、誰が言っていたか忘れてしまいましたが、こんな格言があります。

期限は最大の発明

仕事をするときも、終わるまでやっていたら、すぐに終わる仕事もなかなか終わりません。期限は、顧客を呼び寄せるためにも、自分自身の有効な時間を使うためにも必要なことです。

繁盛整体院がバレたくない集客方法の秘密2『理由をつけると反応率が上がること…』

さて、もしあなたにこんな無料オファーのダイレクトメールが来たらどう思いますか?

「本日のランチ、全品無料です!!」

マジか、ラッキー! と思う人もいるでしょう。ですが、ほとんどの人は「はぁ?なんで?」と感じます。これには絶対に裏がある。。。もしかすると他の料理も頼まなきゃいけないのでは。。。無料なんてありえない。。。と思う人もいるかもしれません。

ここで分かっている脳科学が1つあります。それは、“人間は常に理由を欲しがる生き物”ということです。

次の見出しが効果的な理由はそのためです。

もっと多くの人にこの味を知って欲しいので、本日のランチは全品無料です!

他にも、、、

なぜ、本日のランチが全品無料なのか?
2つの理由…

【理由1】多くの人にこの香り、食感、美味しさを試して欲しいと思ったから【理由2】10人中3人は私のお店が好きになってリピートしてくれるかもしれない、と思ったから

他にも、、、

本日のランチが無料なのは、次もきっと来てくれると思ったからです!

つまり、正直に理由を吐き出した方が信頼性が高まる、ということです。

私は以前、無料サイト作成を提供していました。しかし、ほとんどの人が疑いました。なぜなら、グーグル検索エンジンで上位表示をしやすく、ワードプレスという人気のサイトで構築し、通常ならドメイン代やサーバ代が数万円も掛かり、しかも・・・他の業者では最低でも5万円〜12万円で提供しているサイトを「無料で作ってあげますよ」と言ったからです。

ハッキリ言うと、これは怪しい以外の何者でもありません。しかし、この理由を付け加えることによって反応率がぐんっと上がりました。それは、、、

なぜ、完全無料で集客用スマホサイトを 手に入れることができるのか?
2つの理由

【理由1】これからはスマホの時代が来るため誰よりも早くスマホ集客実績を手に入れたいから【理由2】治療院のための集客代行サービスを提供しているため、スマホで集客できることを先生に確認してもらえれば、他の集客代行サービスにも興味を持ってもらえると思ったから

ということです。

正直言うと、ほとんどの人がウラ(理由)を隠しています。ウソばっかり言っています。なので、信頼性を高めるためには理由付けが必要なのです。理由を話せば多くの人が納得してくれるなら、これを使わない手はないでしょう。

あなたは納得のいく理由を患者さんに話せていますか?

  • チラシを出した理由は何か?
  • 割引した理由は何か?
  • 新しい手技を取り入れた理由は何か?
  • サンキューレターを送る理由は何か?
  • 通院を進める理由は何か?

私の課題でもありますが、しっかり理由を話さなければ、お客さんは納得してくれません。

繁盛整体院がバレたくない集客方法の秘密3『患者さんの脳を混乱させないデザイン』

私が高校生のとき、キレイにノートを取るのが好きでした。いろんな色を使い分け、見やすく、ノートの提出のときでも自信を持って出すことができました。

しかし、赤点ばかりのテスト。一体何が起こったのでしょうか?

ここで面白い脳科学をお話しします。

これは、魅力的なチラシや広告にも同じ現象が起きていることが分かりました。なぜなら、いろんな色や画像、魅力的なデザインにしようと努力するあまり、何が重要なのかわからなくなっている、ということです。

あれもこれも大切、これも伝えなきゃ!あ、この文章も太くしよう!という具合に・・・

あなたのチラシや広告はシンプルになっていますか?世界的にも有名で、おそらく誰も聞いたことがないはずがない会社。Apple社のサイトやGoogle社のサイトを見てください。

脳が混乱しない作りが施されています。「あのデザインが良さそう」という理由でライバルや同じ業界のデザインを真似するのは危険です。その広告が売れているかどうかなんて、こちらではわからないからです。

繁盛整体院がバレたくない集客方法の秘密4『患者さんの脳を混乱させないコース』

この事実を知ると衝撃を受けるかもしれません。

特に、いろんな施術コースを取り入れている方は・・・。

試しに1ヶ月間、テストをするのもいいかもしれません。というのも、患者さんのことを思えば思うほど、いろんなコースを作りたくなります。◯◯コース、◯◯コース、これもあります!あれもあります!という感じで。。。

たくさんあったほうがお客さんも選びやすいし、お客さんに合ったコースを選んでもらえる、だからお客さんはウチを選んでくれる。しかし、これが大きな落とし穴だったんです。

脳科学①
【選択肢の矛盾】

ある実験で、「ジャムを増やせば買う人も増えるだろう」と思って、6種類のジャムを24種類に増やした実験がありました。すると驚きました。売り上げが激減したのです。なぜでしょうか?

理由はいたってシンプル。人間は迷うと行動しないからです。

脳科学②
【意志力は消耗する】

『スタンフォードの自分を変える教室』という有名な本がありました。その内容は、意志は使うと消耗していく、というものです。

ちょっと考えてみてください。ほとんどの人は疲れている中、空いている時間や忙しい時間を使ってサイトやチラシ、広告を見ます。あなたも今、貴重な時間を使ってこの記事を見ているかもしれません。そんなとき、たくさんの選択肢があったらどうでしょう。「あれもこれも!選んでください!考えてください!」なんて言われたら・・・・。

そうです。考えるのをやめます。つまり、行動しないのです。頭がモウロウとしている状態でお客様に考えさせてはいけないのです。

言い方を替えると、患者さんのために、意志力を使わなくても予約電話をしやすいプロセスを作る、ということに尽きます。

続きの整体院集客方法は後日、詳しく話していきます。

これらだけでも、十分に反応率を上げることができるでしょう。

P.S.

私も「知ってる知ってる人間」(実行に移せていないのに「それ知ってる」と言って満足してる人間)にならないように常日頃気をつけています。

あなたは学んだ知識を実行に移せていますか?