【仕事のモチベーションの上げ方!】

永続的な資産ブログ
VS
一時的な報酬ブログ

あなたは次のうち、どちらのブログを作りたいですか?

  1. 読んでて面白く、Googleに評価され、検索で常に上位にくるブログ
  2. つまらない記事を大量生産し、偶然、または一時的にしか上位表示されない自己満足のブログ

もしあなたが2番を選ぶなら、今からこのページで紹介する本は、あなたにとって必要のないものです。しかし、もしあなたが1番を選ぶなら、このまま読み進めてください。きっとあなたのお役に立てるでしょう・・・


読まれる記事を作りたい?
それとも、読まれない記事を作りたい?


あなたは、不思議に思ったことはありませんか?

  • なぜ、「記事はとにかく大量生産だ!そうすればブログは稼げる!」という人がいる一方で、「いやダメだ、価値あるコンテンツを書くのだ」という人がいるのか?
  • なぜ、「つまらない記事でも大丈夫」という人がいる一方で、「読まれる記事が大事」という人がいるのか?
  • なぜ、どちらの戦略でも成功している人がいるのか?

私たちは一体、何を信じればいいのでしょうか・・・?

答えは簡単です。

それは、あなた自身です。実際問題、重要なのは誰が正しいかということではなく、自分がどんなブログを作りたいか、ということです。

例えば、もしあなたが、、、

その辺にあるような、ありきたりなブログを作りたい、、、一時的でもいいからブログ収入を得たい、、、一時的でもいいからGoogleの検索上位に上げたい、、、と思っているなら、あなたがやることは単なる「大量生産」です。

しかし、もしあなたが、、、

  • 継続的にブログで収入を得たい、、、
  • 自分も読者もワクワクするような面白いコンテンツを提供したい、、、
  • ほぼ何もしなくてもGoogle検索で上位表示されたい、、、

と思っているなら、今すぐやるべきことは「価値あるコンテンツを書く」ということです。なぜなら、Googleは「読まれている記事」を評価し、継続的に上位表示させるからです。

言うまでもありませんが、、、

読まれる記事」「価値ある記事」というのは、そもそもブログ運営者が楽しく記事を書けています。しかし、実際は、ほとんどの人が苦痛やストレスを抱えながら記事を大量生産しているのです・・・。

そんな状態で、楽しい記事が生まれる訳ありませんよね?

そして、あなたもご存じの通り、ブログは「片手間で楽して儲けよう」というものではありません。文章を書くという「キャリア」です。


たった1つの記事が
あなたのブログを大きく変える


考えてみてください・・・

もし、今日、あなたの記事に1万人の読者が集まったとします。Google検索では上位3位です。そして、読者は他の記事にも移動し、あなたの記事を何ページも読んでくれています。

しかも、、、Facebookでいいねを押されて、記事をアップするたびに読んでくれるようになります。読者はみるみる増えていきます。たった1つの記事が、収益を多く生みだし、あなたの莫大な資産となるのです。

さらには、、、一度書いた「価値ある記事」は検索上位から下がることはほとんどありません。3年、5年、何もしなくても上位表示し続けてくれるのです。もし、下がってもちょっとした調整で戻すこともできます。

もちろん、あなたがブログに貼っているGoogleアドセンスや楽天アフィリ、アマゾンアソシエイトの購入も増えていきます・・・。

これが、価値あるブログです。

もしそんな価値ある記事が書けるようになれば、、、

  • あなたのブログは大きく変わると思いませんか?
  • 毎日がもっと楽しくなり、やり甲斐に溢れる時間になると思いませんか?
  • これからのブログ人生に花が咲くと思いませんか?

実際、、、たった1つの記事が上位表示された瞬間、読者は急激に増えます。そんなとき、記事がつまらなかったら、順位が落ちるのも時間の問題です。なぜなら、価値ある記事はどんどん競合がアップしてくるからです・・・

つまり、、、、

あなたが「価値ある記事」を書けるようになることで、、、

・読者が増えます

言うまでもなく、読者を自然と増やすことができます。面白い記事は、読者がブログに留まり続けます。何より、価値ある記事は、読者がシェアしてくるということです。たった1つの記事であなたのブログの評価は変わります。

・Googleから評価され、上位表示できます

読者の注意を引き、記事に興味を持たせることができるようになります。すると、自然とブログの滞在時間が増えます。Googleからの評価も上がり、継続的に上位表示することができます。それだけではありません。記事は一生の資産です。今後も、何もしなくてもアクセスを集め続けるようになるでしょう。

・何より、やり甲斐のある楽しい時間にできます

ほとんどの人はブログを書くことを「苦痛」だと思っています・・・しかし、気持ちは文章に必ず出るものです(本当です)。それでは続けることもできませんし、読者もあなたもつまらない時間になりますよね・・・

しかし、価値あるコンテンツを書いていると、自然と楽しくなります。「こうすれば楽しんでもらえるかも!」と記事を書いている自分も好きになれます。人の役に立つ記事、楽しんでもらえる記事を書いているやり甲斐は計り知れません・・・

そして、そのような「読者を惹きつける文章術」を研究した女性がいました。

それが、マリア・ヴェローソです。


科学的に証明された
効果実証済みの文章術


マリア・ヴェローソ

マリア・ヴェローソは、アメリカのコピーライティングの第一人者として、広く知られるようになりました。2つの会社のCEOでもあり、ウェブコピーライティング大学の会長も務めています。

信じられないのは、このウェブ・コピーライティングの技術を使い、彼女自身やクライアントのオンライン企業で1億5000万ドルの売り上げを超えたということです。

マリア・ヴェローソは、このコピーライティングを身に付けるため、伝説のマーケッターと言われるマーク・ジョイナーの元で働きました。あの有名なイソップ社の社長です・・・


2万人による大規模な研究…


彼女らは、莫大な費用を掛けてウェブ・コピーを研究しました。

その研究は2万人を対象とした大規模なテストでした。ほとんどの企業では、これほどの規模でテストをすることはできませんでした。

調査スタッフに次のようなテストをさせたのです。

タイトル、見出し、冒頭、電子メールの件名、思いつくものはすべてをテストしました。「オンラインマーケットの鬼」と言われる理由はこれです。もうお分かりの通り、これらは曖昧な成果ではなく、効果実証済みの心理テクニック文章術です。

では、、、、

彼女は一体、どんな言葉やトリックを使って、読者を釘付けにしたのでしょうか?マリア・ヴェローソのコピーライティングが、人々から支持される理由はこれです・・・


絶対に失敗しない
見出しの書き方のコツ


記事を書くときは、手っ取り早くタイトルを決めますよね?

たぶん、2分もしないうちに決めているのではないでしょうか?残念・・・実は、これは一番やってはいけない行為の一つです・・・

記事を書くとき、一番力を入れるべき場所は、記事のクオリティではありません・・・心理テクニックでもありません・・・読者を操作することではありません。もちろん、価値ある記事は重要ですが、それは3番目、4番目の話です。

もっとも優先するべきこと。

それは、タイトルです。

なぜなら、タイトルがクリックされなければ、記事のページに移ることすらありません。にも関わらず、ほとんどの人は適当に、または簡単に決めてしまっています・・・

この本では、普通の人が書いている見出し(タイトル)とは、違う書き方をします。もし、あなたが本格的に読者を集めたいと考えているなら、全力で読者の注意を引くことが先決です。記事の内容よりも重要なのがタイトルなのです。

世界の権威はこう言っています・・・

「一般的に、本文を読む人よりも見出しを読む人の方が5倍多い。ということは、見出しで商品を売れなければ、広告費の90%を無駄にしたことになる」

これは、広告の元祖と言われる、世界でも有名なデビッド・オグルビィの言葉です。

つまり、どんなに素晴らしい記事を書いたとしても、タイトルで注意を引きつけることができなければ、「ないのと同じ」なのです・・・


読者を釘付けにする
簡単な心理テクニック…


「ブログが読まれていない・・・」「読者の滞在時間が短い・・・」

これは、ほとんどのブログ運営者がぶつかる壁ではないでしょうか?にもかかわらず、日本では心理テクニックを適用した文章教材が圧倒的に少ないことが、私たちの頭を抱えさせます・・・

しかし、この本では、読者が読まざるを得ない心理テクニック「クリフハンガー」を紹介しています。例えば、次のようなものです・・・

  • あなたがこの記事を読み終える頃、『ウェブ・セールスコピーの法則』を注文して、商品が届くまでの数日、早く手にしたくてウズウズしていることでしょう。
  • さて、あなたはあと何分で『ウェブセールス・コピーの法則』を注文するでしょうか?

気づきましたか?

これは暗示です。

このように書くと、または言うと、ほとんどの読者は「その通り」に行動します。それも無意識に・・・。私たちは気付かない間、このような文章でその通りに行動させられているのです。

つまり、私がこの冒頭で紹介した、「もしあなたが1番を選ぶなら、このまま読み進めてください。きっとあなたのお役に立てるでしょう・・・」これも暗示です。

読者は無意識に「その通り」にします。もちろん、すべての人ではありませんが、ほとんどの場合、これで効果を得られます。

もうご存知の通り、、、この本に書かれている心理テクニックは、使い間違えると危険です。なので、道徳的なことに使う人のみ、続きを読み進めてください・・・。

そして、、、


これらは、一部のテクニックに過ぎません…


心理テクニックはもちろん、あなたのお役に立てるスキルが他にもあります。

例えば、、、

・タイトルの書き方が分からない?

それなら、P.110ページにある「絶対に失敗しない見出しを作る」を読んでください。まずは、ステップ1の方法を使って見出しを書き出してください。そうすれば、どれが素晴らしい見出しかをステップ2で判断することができます。

また、ステップ3の質問を自分に投げかけてください。この質問をすることで、ブログで失敗しない見出しを見つけることができるでしょう。これであなたのブログの記事は読者にクリックされ、アクセスを集めることができます。

・失敗しないコンテンツを作る設計図

大工さんが建物を建てる時、設計図がなければ何もできませんよね?

それと同じように、記事を書く時も設計図が必ず必要です・・・

もしあなたが「どんな記事を書いていいか分からない」とイライラしているなら、、、P.62ページにある5つの質問に答えてください。この質問に沿って記事を書けば、記事が簡単に書けるようになります。

なぜなら、これが読まれる文章の「設計図」だからです・・・

どんな分野の記事でも問題はありません。質問に沿った記事は書くだけで、ほぼ失敗しないようにできています。読者が読まざるを得ない記事に仕上がることです・・・

・最短でコピー能力を身につける方法

ほとんどの人がこの間違いをしています・・・しかも、その間違いに気付いていません。間違った方法で書き続ければ、間違ったコピー能力が身につくのは言うまでもありませんよね?

正しい方法で、手っ取り早くコピー能力を身につけるには、P.57ページの「最短コースでウェブ・コピーライターになる」を読んでみてください。これであなたは、最短で文章がうまくなることができます。

それだけではありません。一度身につければ、これからどんな時でもこのスキルを使うことができます。一生もののスキルということです。

・パソコンの前で手が止まってしまう?

記事を書こうと思って、いざパソコンの前に座ると手が止まってしまう・・・これは誰もが経験する悩みではないでしょうか?さらにイラっとするのが、手が進んでいないのに関わらず、時間だけが超高速スピードで進んでいることではないですか?

それならP.60ページから説明されている「目的」「ターゲットとなる読者」をチェックしてください。言うまでもなく、手が止まるのは「伝えいことがない」からです・・・

これを意識して書くことで「うーん…」と手が止まることはなくなるでしょう。もう、時間だけが過ぎる苦痛に悩む必要はありません。

・Googleの評価があがらない?

Google検索で、上位に行けない大きな理由の1つは、読者の滞在時間が短いことですよね?それなら、P.186ページにある「ツァイガルニク効果」のテクニックを使ってみてください。

人間は、一度やりかけたこと、気になったこと、不完全なことがあると記憶にとどめる傾向があります。このアドバイスに従って記事を書けば、あなたの記事は最後まで読まれるでしょう。読者の滞在時間に悩む必要はありません。

・催眠効果のある言葉で説得するテクニック

警告!この方法は強力なため、道徳的に使ってください・・・

この「神経言語プログラミング」を使えば、あなたは読者の注意を引き続け、注意散漫な読者をブログに釘付けにできます。


目次


ウェブセールスコピーの法則

これは、インターネットで物を売る場合に設計されています。

とはいっても・・・ブログ運営者はもちろん、アフィリエイト、Googleアドセンス、コンサルティングサイトにも十分役立てることができます。現に、私はこの1冊でコピー能力を身につけました・・・

その秘密が、これです・・・

1.ネットで売る基本
〜ウェブ・コピーライティングは錬金術〜

売れるウェブコピーを書くための、3つの基本的なルール……34
ランディングページの出来が第一印象になる……45
ウェブコピー:やっていいこと、悪いこと……49
誰もウェブサイトを読んでいない……52
説得は言葉で、売るのは感情で……54
最短コースでウェブ・コピーライターになる……57

2.設計図を描く
5つのステップで売れるウェブ・コピーを作る

設計図を作る・5つの問いの答えを考える……62
売れるウェブ・コピーを作る5つのステップ……71
骨組みを強化する:要点の抜粋……83

3.コピー製作
〜人を引きつけるカギ〜

ウェブ・コピーを構築する……84
第一印象で強く印象づける……89
抗いがたい魅力のある商品やサービス……89
証言広告は、営業の強力な味方……91
お金の話:価格はいつ見せるか……97

売り続けるために:申し込みフォームを作る……99
返金保障:取引を後押しする……101
クロージング:申し込みを確定させる……102
コール・トゥ・アクション(CTA)の必要性……103
連絡先を手に入れる:オプトイン方式……104

絶対に失敗しない見出しを作る……110
言葉を選ぶヒント……118
やっていいこと、悪いこと……120
ウェブ・コピーは、「長い・短い」どちらがいいか……128
あなたのサイトの販売力を検証する……131

4.メールを武器にする
〜オンラインマーケティングの最強ツール〜

トラフィック・コンバージョン……139
顧客目線マーケティングのメソッド……145
電子メールを使ったマーケティングは、この先どうなる……148
電子メールを確実に届けるための方策……149
読ませるメールを書く秘訣……156
マーケティング効果を高める電子メール活用法……1170

5.心理戦略
〜見込み客を顧客に替える〜

人は理由を欲しがっている……185
不完全を嫌うツァイガルニク効果とは……186
クリフハンガーが「次」をクリックさせる……188
「催眠効果のある言葉」で人を説得する……189
人には、一貫性があるように見せたい欲求がある……198
相反する思考を抱えている……199
「シラノ効果」で感情的な満足感を満たす……202

7.巻き込む仕掛け
〜売り上げアップの切り札〜

どんな感情が相手の心を変化させるのか……220
心を動かす3つのトリガー……221
短いコピーを作る方が難しい……233

8.オンラインのコミュニケーション
〜見込み客へのフォローアップ〜

オプトイン・メールは、有効に活用したい貴重な財産……259
魅力的な登録ページをつくるための5つの秘訣……261
オススメのステップメールの書き方……264
無料レポートと販促記事はこう書く……268
ニューズレターやメルマガ発行のガイドライン……274
成功するニューズレターの構造を分析する……280
その他オンライン用コピーの書き方……286

9.ウェブ3.0時代のマーケティング
〜ウェブ・コピーライティングの近未来像〜

売り上げを期待できるブログとは……293
トラフィックを増やすソーシャル・ブックマーク・サイト……294
ソーシャルネットワーキング・サイト(SNS)の歩き方……294
人は、”権威あるサイト”を目指す……299
オンライン動画を使って宣伝する……301
モバイル端末向けのコピー作り……319
インフォグラフィック向けのコピーを書く……330

10.ソリューション
〜最後に成功するための4段階のプロセス〜

ウェブ・コピーがうまくいかない
→トラッキングをして修正する……343

ウェブ・コピーで成功する4つのステップ……347

11.ウェブ・コピーで稼ぐ道

ウェブ・コピーのクライアントはどこにいるか……355
クライアント候補に連絡を取るには……359
クライアント確実に報酬を支払ってもらう方法……362

リソースリスト……365

この本はあなたとって、最高の一冊となるでしょう。そして、この本があなたにとって役に立つ理由が3つあります・・・


あなたにこの本が必要な
3つの理由…


【理由1】一生使えるスキルだから

一度このスキルを身に付ければ、ブログの記事やコンテンツ作成に悩む必要がなくなります。しかも、一度使って無くなるような消耗品でもありません・・・この本で紹介されている知識とスキルを身に付ければ、あなたはいつでもこのスキルを使うことができるのです。

信じられないかもしれませんが、、、

今、日本ではコピーライターが不足しています。なぜなら、「商品を提供したい!」という人が多いのに対し、「売り込みたい!」という人はほとんどいないからです・・・なぜなら、人間のほとんどは「セールスは悪」と言われて育ってきたからです。売ることに罪悪感を覚えているのです。

信じられないかもしれませんが、この「文章で売るスキル」を使って1ページの文章に30万円~120万円を支払うクライアントもいるほどです。大袈裟ではありません・・・

そして、このスキルはブログでも同じように活用できるのです。むしろ、インターネットで収入を増やそうと考えるなら、このスキルは必須でしょう。

【理由2】人間の行動心理が理解できるから

記事を書く上で最もストレスになるのは、「本当にこの記事は読まれるんだろうか…?」という不安ではないでしょうか?この本では、人間の行動心理を理解することができます。

この本の内容を実践すれば、あなたは自分の誘導したいページ、クリックさせたいURLなど、読者を思い通りに操作することができるようになります(絶対に悪用はしないでくださいね)

もう、悩みながら記事を書き進める必要はありません・・・そして、これは文章だけに限らず、対面でも使える心理技術です。

【理由3】何よりも、ブログが楽しくなる

もしあなたが、記事を書くのに「また今日も書かなきゃいけない・・・」という不満を感じているなら、、、この本はあなたのためのものです。

この本は、ボリュームがあるにも関わらず、プロのコピーライターが書いた本なので、楽しく読み進めることができます。何より、テクニックを使って早く記事が書きたくなります。

このテクニックを、自分のブログでどう使えるだろうか?と考えながら記事を書き進めてください。すぐにあなたの手に馴染み、スキルを身につけることができるでしょう。


ブログは一生の資産


あなたもご存じのように、、、

一度価値ある記事を作ってしまえば、その記事は一生残ります。それだけではありません・・・読まれている記事なら、例え競合サイトが増えても、Google検索の上位に表示し続けることができるのです・・・

ブログは、一生続けるべき価値ある仕事です。

言うまでもなく、Googleは古いブログほど上位表示する傾向があります。つまり、長期の資産です。

あなたがここまで読んでいるということは、きっとこのスキルをモノにしたいと考えていることでしょう。スキルを身につけ、価値あるコンテンツを提供したいと考えているのかもしれません。

あなたにとって、たった1つの記事にどれだけの価値がありますか?

つまらない記事を大量生産しているなら、どれだけの時間を損失していると思いますか?

もう・・・読まれないブログを書くのはやめませんか・・・?

P.S.

もちろん、ただ読んだからといって、すぐにスキルが身につくということは保証できません。しっかりとブログで実践し、1つ1つの記事で「必ず何か一つを使う」ということをオススメします。1ヶ月後にはあなたの心理文章スキルが磨かれ、成長の差に驚くでしょう。

P.P.S

監訳は、ダイレクト出版株式会社さんの取締役、寺本隆裕さんです。彼は、日本でもっともフィーが高いコピーライターと言われています。もしかすると、あなたもご存じかもしれません。