ブログビジネスを実践中のあなたへ

もし、あなたが…

「タイトルの付け方って何でこんなに難しいんだろう…」
「どうすれば、もっと読者が集まるかなぁ…」

と悩んでいるのであれば、この記事はあなたのための記事です。なぜなら、ブログタイトルの付け方一つで何万アクセスもの違いが現れるからです。意外にも、ブログビジネスのプロでさえ陥りがちな間違いの一つが、このブログタイトルです。

この記事は、たったの5分で読み終えることができ、あなたが読み終わる頃、すぐ自分のブログに活用することができます。

ブログタイトルが重大な理由…

世界的にも有名なWPPの幹部で、「広告の父」と呼ばれたデビッド・オグルビーの名言をご紹介します。

ビッグアイディアが無ければ、あなたの広告は、暗闇に浮かぶ船のようなものだ。

つまり、“同じような広告達の中に、同じような広告を出してもその広告は見つけることができない”と説いています。

ブログタイトルに例えるなら、どんなにGoogle検索でサイトを上位表示させたとしても、他のサイトと同じようなタイトルが付けられていたら読者が集まらずに分散されてしまいます。

もちろん、上位表示させただけでもアクセスは集まりやすいのですが、魅力的なタイトルを付けた瞬間に費用対効果は爆発的に上がります。それは2倍、3倍ではありません。数十倍の効果があります。これは言い過ぎではありません。

ブログの記事内容がどんなに読者を惹きつける内容だったとしても、その記事に訪れることが無ければ、そのコンテンツは“無いのと同じ”なのです…。つまり、暗闇に浮かぶ船のようなもの…。

絶対にやってはいけない、ブログタイトルの付け方

もし、あなたがブログを運営し、Googleアドセンスやアフィリエイトを勉強しているのであれば、ブログのタイトルがいかに重要であることはわかっていると思います。とはいっても、適当につけている人も少なくありません。

よく、見かけるのでご紹介しますが、「◯月◯日の日記。」や「今日は面白かった」などのブログタイトルはあまり魅了的ではないですよね。

重要なのは、「この記事めっちゃ見たい!!」と思わせるようなブログタイトルの付け方をする必要があります。とは言っても、どんな付け方があるのか分からない・・・という人も少なくなくありません。

僕のクライアントからも「タイトルの付け方ってどうしたらいいんですか?」という質問があったので、“抵抗することのできないタイトルの付け方”つまり“見られずにはいられない魅力的なタイトルの付け方”をご紹介します。

この方法はDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というアメリカでは最先端な手法・テクニックです。日本ではまだ90%の企業が使われていない手法と言われています。もし、あなたがもっと深く勉強したいと思うのであれば、”ダイレクト出版株式会社”の教材がおすすめです。

これが、見ずにはいられないブログタイトルの付け方です。

この手法はブログタイトルだけでなく、他のビジネス、例えばヘッドラインやメルマガ作成時の件名(タイトル)の付け方にも応用することができます。

魅力的なブログタイトルの付け方1

「これが、魅力的なタイトルの付け方です。」

上記の赤文字を見てください。タイトルの付け方の例です。

もうお気づきかもしれませんが、人間は”これ”ということに敏感に反応することが分かっています。その影響力はかなり強力です。「これ?これって何だろう?」と興味を惹きつけ人間の好奇心を高めることができます。

例えば、ブログタイトルに「これが、佐々木希の彼氏です」などと付けられていたらどうでしょう。これってなんだ?と思う人が多いはずです。好奇心をくすぐる強力な武器となります。

他の例で言えば、上記にも書いた「これが、魅力的なタイトルの付け方です」もあります。他には「日本人が一番好きな食べ物はこれ」「これって…本当に佐々木希の財布?」「これが、北川景子のメイク方法…」などです。

魅力的なブログタイトルの付け方2

「ブログタイトルの付け方で重要なことは…」

赤文字タイトルのように”省略記号”を使うことで、興味を惹きつけます。しかも、最後に付けることで続き気になるようなテクニックになっています。人間の心理上、途中までやったり見たりすると最後まで見たくなるものです。

しかも、文章の途中と思わせるようなタイトルでもOKです。

読者に「早くみたい!」と思わせる大切なテクニックです。タイトルの付け方は一度知ってしまえば誰もが実践可能です。是非使ってみてください。

魅力的なブログタイトルの付け方3

「なぜ、タイトルの付け方が重要なのか?」

この手法も強力です。「なぜ」「どうやって」「何」という言葉を使うと最初に使うと興味を惹きつけることができます。適切に使うことができればこの威力は偉大です。

読者の脳に「知りたい」という種を植え付けて脳をむずがゆくさせれます。好奇心に掻き立てられるので是非使ってみてください。

「なぜ、石原さとみは引退するのか?」「なぜ、実写映画『進撃の巨人』が批判されているのか?」「イチローはどうやってプロになったのか?」「気合いや意志力が目標達成の障害となるのはなぜか?」「どうやってGoogleアドセンスで20万円稼ぐのか?」「どうやって、ブログタイトル一つでアクセスをここまで集めることができたのか?」

などです。

ブログタイトルの付け方で悩む前に…

ブログタイトルの重要さと強力なテクニックは理解していただけたと思います。しかし、ここで重要なことが一つあります。タイトルと記事内容は必ず一致させるようにしてください。じゃないと読者を敵に回して、「もう見たくない」と思われてしまいます。

例えば、気になってクリックして訪れた記事内容が全くタイトルと関係が無かった・・・というのはNGです。なぜなら、読者に嫌われたら、訪れることが今後なくなってしまいます。訪れてもすぐにサイトから離脱してしまうでしょう。

なぜ、ブログタイトルに形容詞は使ってはいけないのか?

「真の」「驚愕の」「驚異的な」「究極の」はあまり使いすぎるとウサン臭くなるので気をつけて使いましょう。胡散臭さ満載のタイトルです。しかも、、、よく見かけます。

ブログタイトルの付け方には十分に気をつけましょう。内容より重要なのが、タイトルです。