「手紙の書き方を学ぶのは、最高の投資の一つである」

こう言ったのは、世界的に有名な講演者、ドレイトン・バードです。

彼は、ダイレクトマーケティングの経験を45年以上も持っていて、僕たちのようなビジネスを運営する人に、説得力の技術を高める重要性を常に教えてくれています。

他にも、、、

「話し方を学ぶのは、最高の投資の一つである」

こう言ったのは、100億円企業を1社、50億円以上の企業を5社、10億円以上の企業を10社以上も立ち上げた、アメリカの有名な経営者、マイケル・マスターソンの言葉です。

コミュニケーションはすべて、「言葉」でしか伝えることができないので、その「言葉」を極めることが、人生で切り開くための重要事項だ、と言っているのです。

「話し方」と「書き方」は人生を変える

実際、私が何かの行動を起こすきっかけは、間違いなく、誰かの言葉であったり、本に書いてある内容に刺激を受けたことがほとんどです。

自分だけで「決めた」なんてことはありません。

実際、仙台から東京に来ようと思った「きっかけ」は、次の言葉を聞いたからです。

人生は逃げない、逃げるのはいつも自分だ

もはや何の本だったかは忘れましたが、、、

「確かにその通りだ」そう思いました。

私の人生を今まで変えてくれていたのは、「言葉」でした。

商品やサービスがどんなによくても売れない理由

あなたも不思議に思ったことはありませんか?

「営業しなくても売れる方法」だったり、、、「Facebookで集客する方法」だったり、、、いろんなノウハウがありますが、結局、どれもうまく行かずに終わってしまいます。

最終的には「営業スキルが決め手」ということを思い知らされるのです。

でも、私たちは楽なほうに、、、楽な方に、、、いかに簡単にできないかを探して、怠惰さに勝つことができません・・・

なぜ、いつまでも前進できないのか?

面白い話をしましょう。

経営者であれば、誰もが知っている名著『7つの習慣』。

これに、次のようなことが書かれていました。

それは、私たちが毎日を生きる上で、「重要であるが緊急ではない事項」というものです。

つまり、今すぐにやらなくても大丈夫だけど、最終的には絶対にやった方がいいよ、という内容を優先的にやることをオススメしている内容です。

私たちは、つい、目の前の緊急的なものに振り回されて、「結局やりたいことできなかった・・・」と言って終わってしまいます。

しかし、本当に重要なことを遠回しにしていたら、忙しい気になっているだけで、実際には目標に全然近づいていない・・・ということを教えてくれているのです。

では、何から始めればいいのでしょうか?

私がここでお伝えできるのは、セールスライティングです。

実際、あの有名なアンソニーロビンズも、ジェイエイブラハムも、アップル社も、セールスライティングと「話し方」を学び、使っています。

私は講演者ではありませんので、「話し方」を偉そうに伝えることはできませんが、セールスライティングには自信があるので、そのコツを今からお伝えしたいと思います。

それは、、、

セールスライティングのコツ①
『お客様の声を使いこなす』

もしかすると、これを聞いてがっかりする人もいるかもしれません。

なぜなら、説得力のある文章は、自分自身のみで一生懸命説明しても、ほとんど意味がないからです。どうしても説得力に欠けてしまいます。

なので、今ある「お客様の声」を最大限に生かして、その証拠を元に文章を書いた方が、圧倒的な説得力になります。

あなたも知っているように、自分で「俺は凄い奴なんだよ」と言うよりは、別の人から「あの人って凄い人なんだよ」と言われた方が、説得力がまるで違いますよね?

セールスライティングさえ学べば、何でも売れるようになる。という訳ではありません。お客様の声が、最大の武器になって、セールスライティングのスキルが生かされるのです。

とは言っても、質の低いお客様の声では意味がないので、まずは集める作業から始めなければなりません。

セールスライティングのコツ②
『注意を引き続ける』

文章で最大のコツは、常に注意を引き続ける文章を書くことです。

なぜなら、読まれ続けなければ、商品説明まで読んでもらうことができないからです。文章の途中途中で「意外性」を常に含めていくのです。

ダラダラ書き始めたり、キャッチコピーやタイトルを適当に決め手はいけません。

セールスライティングは、「注意を引き続ける文章術」と言っても過言ではありません。注意が引けなければ、どんなに一生懸命に作った商品も得ることができないのです。

「話し方」と「書き方」がもたらすパワー

人を説得する。

これは、ビジネスをする上で欠かせないものなのだとマーケターたちは言っています。実際、私もセールスライティングのおかげで、ここまで来ることができました。

面白いことに、「書き方」を学ぶと、話し方も自然とセールスライティングの構成になっていることがよくあります。

その逆に「話し方」を学んでいたら、「書き方」にも応用ができたのかもしれません。

 

あなたは、権威たちが重要視している「話し方」や「書き方」、どちらを学んでいるでしょうか?

そもそも学んでいるでしょうか?

ビジネスを続けていくなら、必ずどこかで「話し方」や「書き方」に悩むときが来るでしょう。

 

それは、後からかもしれませんし、、かもしれません。

 

今田

P.S.

もしあなたが、セールスライティングについて学んでも見たいと思っているなら、次のページがお役にたてるでしょう。

なぜ、コピーライティングを学んでも成果が出ないのか?

なぜ、コピーライティングを学んでも成果が出ないのか?