From:今田覚
立川のカフェより、、、

 

今から10日程前。

飯田橋で開催されたセミナーに参加した時のこと。

僕は、自分の悩みがちっぽけに感じてしまいました。

 

なぜなら、カンボジアやウガンダの『元こども兵』たちが、社会復帰を積極的に頑張っていることを知ったからです。

強制結婚や強制出産、社会から「人殺し」と言われる元こども兵。やりたくはなかったものの、孤独感や絶望感、国のために働いた見返りが「はみ出し者」というレッテルだったのに衝撃を受けました。

しかし、もっと驚いたのは、このセミナーのメイン講師です。

彼は大学4年生の時、カンボジアの地雷原に行き、人間からあらゆるものを奪い去る地雷に対して「自分に何ができるか?」を問いかけたそうです。

 

でも、お金もないし人脈もない。

 

きっと多くの人なら(そして僕なら)、近くにあるコンビニ行って、募金箱に数十円を入れるだけで終わってしまうかもしれません。または、たまたま通りかかった駅や通りで、支援を求めている人に数千円を募金をするだけかもしれません。

 

しかし彼は、それだけでは終わりませんでした。

人脈やお金がゼロの状態から、創業16年で予算規模2億円と従業員50名を集めたのです。

 


一体、どうやって大規模な支援を得ることができたのか?


 

彼の名前は鬼丸昌也(おにまる まさや)さん。

「特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス」の創設者、理事を勤めています

そして、僕が一目惚れをした経営者の一人です。

 

今では学校の総合学習、行政の国際理解研修、企業の社員研修などで、年に130回もの講演をしています。何より、話し方、伝え方に引き込まれました。

 

  • 一体、どのようにしてゼロから多くの人を巻き込んできたのか?
  • 無償で「私にも手伝わせてください!」と言わせる秘訣は?
  • 学校や行政、企業から講演依頼が絶えない程の魅力はどこから出るのか?

 

これにはきっと、何か秘密がある

 

僕たちは、どうしても「手法」や「テクニック」を使って目の前の利益を求めてしまって、、、素晴らしいテクニックがあれば、そっちを選んでしまいます。。。

でも、現実はそううまくいきません。

 

人を動かすための在り方、生き方を教えてくれる。

それが鬼丸さんだと僕は思いました。

 

なぜなら、僕は陰陽五行論(帝王学)という、ちょっとマニアックな学問を学んでいるのですが、、、「仁義礼智信」という要素を感じたからです。(在り方、生き方みたいなもの…)

 

なので、どうすれば「もっと近く」で鬼丸さんの話を聞くことができるのか?

そう思って、僕は鬼丸さんのお手伝いをすることにしました。

そのお手伝いは、倫理法人会の幹事として、鬼丸さんのご講話を支えること。とは言っても、僕は進行役としてのお手伝いだったり、受付をするといったちょっとしたことですが…

 

なので、もしあなたが僕のように、、、

  • 支援の現場から学んだ、ゼロからスタートして人を巻き込む能力
  • 私にも手伝わせてください!という魅力的な存在感
  • 感動と共感を呼び続ける理念経営と活動拡大の秘訣

を知りたいと思うなら、是非『イブニングセミナー』に参加して、鬼丸さんの講話を聞いてみてください。きっと後悔はしないでしょう。

 

 

今田 覚

 

P.S.

鬼丸さんのイブニングセミナーはこちらです↓

支援の現場から学んだ「人」「チーム」「世界」の変え方