From:今田覚

(立川のスタバより)

 

昨日、夕方18時頃。

新宿駅の2階にあるオシャレなカフェでの話。

 

僕は昨日、コーチングをしている女性の方とお茶をする予定でした。

お互いのビジネスについて語る。

そして、協力出来そうなところは協力する。

そんな内容でした。

 

僕は仕事が終わって、約束の30分前には新宿駅についていました。

年末なので「きっと混んでるだろうな」と思って早めにカフェに向かったのです。

すると、案の定。

想像を絶する混み具合で、それはまるで、「カフェで福袋でもやってるの?」と思うような行列でした。諦めの早い僕は、別の場所を探し、結局行きつけの「喫茶店ルノアール」に行くことに。

 

とは言っても、ルノアールは正直タバコ臭い・・・(仕事をする場所としてはコンセントがあるので最気に入っている…)

僕はタバコは吸わないのですが、臭いは平気、という部類なので、あまり気が利かなかったのかもしれません。先日も女性の方と打ち合わせをしたときに「え?ルノアール?そんなの嫌…」と女性の経営者に言われてショックを受けたばかりでした。。。

 

「今日は混んでるから…」と思いつつ、結局ルノアールを選んで、お話をする予定の女性に「すみません、混んでいるので近くのルノアールにしませんか?」ということを伝えた。そして、ルノアールでお話をすることに。そして、、、

 

本題はここから。

 

早速、お互いのビジョンの話になります。

僕の来年のビジョンは、出雲や大阪、福岡でセミナーを開いて、大好きなお客さんたちにセールスライティングの価値をお届けして貢献していくこと。。。

そして、彼女は、オリンピックのスポーツ選手に向けて、ストレッチトレーナーとして活動をしたいことを話していました。昔は波乱万丈で、辛い経験があったことも話してくれました。

でも、今はイキイキとして、輝いていました。時間を忘れるくらい、僕にパワフルなエネルギーを与えてくれました。

 

そして、彼女が教えてくれた学び。

 

ちょっと話が飛びます。

 

なんで、この話になったのかは思い出せません。

ですが、「土」の話になったのです。

何かの植物を育てるには、「土」が必要・・・

 

しかも、その土がしっかりしていなければ、どんな素晴らしい種を植えても、水をやっても、育てようとしても、良い植物は育たない・・・という話でした。

 

つまり、一生懸命、花を咲かせたいとしたら、まずは根本となる「土」からしっかりと整える必要がある。。。「土」の質が悪ければ、どんな肥料もダメにしてしまう。。。

という話でした。

 

もしかすると、「そんなの当たり前じゃん」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、これは、僕たちの私生活にも同じことが言えます。

そのケースはいろいろあります。

 

例えば、僕たち一人社長は、「目標」という花を咲かせたいと思いながら、土となる「環境」を整えようとはしないのです。

 

例えば、目標がセールスライティングを極めることだったら、マーケターや経営者と繋がる環境(土)に行く必要があります。

 

もし、仕事の契約を取りたいのであれば、見込客のいる環境に飛び込まなければいけませんし、もし、人から信用されたいなら、自分が信頼のある人(土)になる必要があります。

 

つまり、自分自身の心の環境を整える、ということになるかもしれません。

 

土の質が悪ければ、その土に見合った結果が起きる。。。

それと同じで、自分のいる環境が悪ければ、その環境に見合った結果が引き起こる。。。

 

なので、もしあなたが今、自分の目標が「あまり前進できていないな…」と思うなら、環境を見つめ直してもいいかもしれません。

 

来年は、どんな目標を掲げているでしょうか?

あなたは今年、やり残したことはありますか?

 

「根本から改善せよ」
by.アールナイチンゲール

 

今田覚