From:今田 覚

立川のお気に入りのカフェより

 

本当にこれを話しても大丈夫なんだろうか・・・

そう思ったのですが、思い切って、話してみたいと思います。

 

私は今まで、正直に生きて、誠実ある人生を送り、思ったことを率直に言う。

そして、愛情を持って人に接しられるように気をつけている。

 

そんなフリをしていました。

 

隠すのがうまい人生

 

実際は、、、

本当の意味で「自分をさらけ出す」ということをしてきませんでした。

 

「どうせ人を頼っても無駄…」「全部自分でしなければダメだ…」「誰も当てにならないし意味がない…」なんて思っていました・・・

 

「人に頼るのは弱いことだ」という固定概念が私にはあったのです。

 

正直に言っているようで、本当に隠したいことはすべて隠してきました。

それがバレていたのか、隠し通せてきたのかはわかりません。

 

どちらにしても、私がいっぱいいっぱいになったとき、人に助けをお願いすることができませんでした。

 

それが原因で、事業が崩れ落ちそうになったときもありました。

 

プライドが邪魔をして、人に助けを求めようとしません。

 

だから、多くの人に迷惑をかけてしまうこともあって、中には信用を失うときもありました。

 

でも、今年からやっと…

 

この固定概念の塊である私でも、少しずつ人に「お願い」をすることが増えて、いろんな方に助けていただけるようになりました。

 

大切なお客さんに、思い切って、助けを求めたときがありました。

 

すると、驚いたことに、快く助けてくれたのです。

 

私はきっと、人を小さく見る傾向にありました。

 

実際は、膨大でした

 

ずっと隠していたこと友人に話すこともできるようになりました。

 

はっきり言って、今、僕が生きているのは、現在のクライアント様や、支えてくれる友人のおかげです。

正直、まだまだ迷惑をかけることが多いかもしれませんし、不器用に対応してしまうときもあるかもしれません。

 

ですが、私はこれから「人を頼る勇気」「人を信じる勇気」「人に貢献する勇気」の生き方を、積極的に取り入れて、今いるお客さんや、友人との関係をもっと深めていきたいと思います。

 

何より、薄っぺらい関係ではなく、本当の意味で「深い」と言えるような関係を作りたいです。

 

そして、、、

 

コミットしたことは必ずやり遂げる

 

そんな自分でありたいと思っています。

 

個別にご連絡をしている人もいますが、これを見てくださるみなさま。

 

いつも、本当にありがとうございます。