もしあなたが、次の項目に当てはまるなら、このページがお役に立てるでしょう。

例えば、、、

  • 年商1億円以下の事業主、または社長の方
  • 営業が苦手で、できればやりたくないと考える方

であれば、このページはあなたのためのものです。

その理由を説明します。

1億円以下の事業主、社長がやるべきこと

もちろん、僕自身、年商1億円に達しているわけではありませんし、偉そうなことを言える立場ではありません・・・しかし、10億円以上の会社を10社以上立ち上げた(しかもゼロから)、アメリカで有名なマイケル・マスターソンは、次のように言っています。それは、、、

年商1億円以下の「幼少期」で、事業を成り立たせるためにまず必要なのはコンピューターではない。オフィスや机でもない。顧客なのだ。

つまり、全ては販売が命、ということを言っています。

よくある失敗の共通点は、「紹介を貰えているから大丈夫」と考えて、販売活動を一切やめてしまうことです。

そして結局、紹介が回らない月もあって、資金繰りも回らず、しんどい状態が続いてしまいます。特に、僕のように営業が苦手な人や、口べたな人にとっては、積極的な営業を好まない傾向にあります。

売れないとヤバいけど、販売するのも嫌だ

このような気持ちは非常に分かりますが、販売なくして事業が成り立つことはありえない、とマイケルマスターソンは言っています。。。

僕も、セールスライターだからと言って、「営業する必要がない」という訳ではありませんし、文章だけですべてを完了させる訳でもありません。

いろんな経営者交流会や、経営塾に通い続け、実際に信頼を得てから、その人たちに僕のホームページを見てもらい、心理文章で売る。このような戦略でやっています(その方が簡単だからです)。

莫大な広告費を出して失敗するよりも、これが確実な方法だと感じました。なぜなら、最終的には自分で売るのではなく、心理文章が売ってくれるのですから。。。

すべては販売力

僕のように営業が苦手な人にとっては、売れるページを用意しておいて、誰かに会ったらページを案内するだけ・・・という準備をしておいた方が、自分で営業するよりも安全で、ストレスなく、高い可能性で売ることができます。

確かに、紹介が回る時もありますが、確実性のない紹介は心を不安定にさせてしまいます。

なので、もしあなたが、自分のHPを「優秀な営業マン」に変えて、「24時間365日」売り続けてくれる媒体に変えたいなら、、、そして、商品の価値を知ってもらうためにはどうすればいいのか?と感じているなら、次のページがお役に立てると思います。

商品の価値が伝わらない原因