チラシやDMはもう止めましょう

 

  • あなたは今まで、5万円以上もの費用を支払って、チラシを1万部出したけど、まったくお客さんが来なかった、という経験はありませんか?
  • しかも、何度も挑戦して発行したのに、元が取れずに「金返せ」と業者に思ったことは?
  • 何時間もがんばって作ったチラシだったけど、電話が鳴らなくて意気消沈したことは?
  • あるいは自分でポスティングをしたり、従業員のみんなで、駅前やお店の目の前でチラシを配ったけど、イヤがられて耐えきれなくなったことは?
  • そして、それらは全部、「成功事例」を真似をして失敗していませんでしたか?

 

もしあなたが同じ経験をしているなら、それは決してあなたのせいではありません

 

なぜなら、チラシやダイレクトメールの費用対効果はもともと薄いですし、さらに、「成功事例」をかき集めて真似をしても、自分のサービスに当てはめるのは難しいからです。

 

しかし、業界はそんなことを丁寧に教えてくれる訳ではないので、もあなたもそんな犠牲者の一人かもしれません。私もそうでした。

 

何度も失敗したチラシ

 

正直、私自身、チラシを3万部〜5万部出しても、まったく反応がなかったときもありましたし、ダイレクトメールを作って送っても、電話が鳴らないときが多くありました。

 

しかし、失敗を繰り返していくごとに、何が原因だったのか?

 

それがやっとわかってきたのです。

 

そして、整体院や整骨院、そして同じセールスライターの知り合いに聞いてみると、みんな同じような間違いを犯していることに気付きました。

 

では、その間違いとは何か?

 

次の2つのポイントです。

 

【間違い1】いきなり売り込んでいる

 

成果の出ないチラシやダイレクトメール、そしてFAXDMのほとんどが失敗する理由の一つは、最初から売り込んでしまうことです。

 

とは言っても「いや、売り込むのは当たりでしょ」と思う人もいるかもしれません。もちろん、売り込まなければ連絡がくることもないでしょう。

 

しかしここで言いたいのは、第一印象がセールスだと、その時点で拒絶反応を起こすということです。

 

なぜなら、自分に置き換えてみるとわかりますが、日本人は営業されるのが大っ嫌いなので、その後の文章を読んでもらうことができなくなってしまいます。

 

【間違い2】ターゲットの幅が広過ぎる

 

きっとあなたも、ターゲットは絞ったほうがいいとか、ペルソナは大事、というのは聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、実際にターゲットを絞ってチラシやダイレクトメールを書いても、反応がないのはなぜでしょうか?

 

理由は簡単です。

 

誰が見ても当たり障りのないような文章になってからです。

 

多くの人が「本当にこんなに絞っても大丈夫なんだろうか・・・?」と思って、中途半端に絞って、幅が広くなり、あっちこっち行くような文章になって、誰にも読まれなってしまいます。

 

それは、ペルソナではありません。

 

まとめると、、、

  1. 最初から売り込んでしまう
  2. ターゲットが広過ぎる

つまり、これら2つの間違いが含まれたチラシやDMはお勧めできません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

反応率を上げるポイント1
「理由・想いを伝える」

 

最初は「なぜ、このチラシやダイレクトメールを送っているのか?」

 

その理由をお伝えすることです。

 

「安いよ安いよ!」などの、ただの機械的なセールスは、誰も望んでいないので反応を悪くしてしまいます。

 

あなたが心から貢献したいと想っていることを、ただ正直に、率直に、ダイレクトに伝えるだけで、相手は売込みに対する心理状態をほどいてくれます。

 

「またか」と思われる必要はありません。

 

反応率を上げるポイント2
「相手の悩みを先に認識させる」

 

「私の商品を買ってください」という自分目線より、「こんなことで悩んでいませんか?」という始まりの方が、読んでもらえるかどうかに雲泥の差をもたらしてくれます。

 

相手の話から始まる文章は、あなたの文章を読み続けさせることができます。

 

読まれずに捨てられる必要はありませんし、自分勝手な文章になる必要もありません。

 

反応率を上げるポイント3
「本当のペルソナを設定する」

 

本当のペルソナが、相手のメッセージにバシッと当てはまったとき、読まざるを得ない文章にすることができます。

 

つまり、誰が聞いても当たり障りのないような文章ではなく、あなたの見込み客にのみバシッと当てはまる文章を書くことで、反応率を格段に上げることができます。

 

ぜひ、試してみてください。

 

あなたは今まで、どのようなチラシやダイレクトメールを送っていましたか?

 

P.S.

もしあなたが、「自分でやるのは面倒だし時間が掛かる・・・」と思っているなら、あなたの代わりにチラシやダイレクトメール、そしてFAXDMを制作することができます。

 

例えば、私にご依頼をいただくことで、次のような成果を得ることができます。

1. 既存集客のためのダイレクトメール制作

2. 新規集客のためのFAXDM制作