【今すぐできる】
コンバージョン率アップコピー集7種

もしあなたが、

プロモーションのコピーライター

担当していたり、、、

 

実際にプロモーターとして

活動をしているなら、このページは

あなたのためのものです。

 

なぜなら、、、

 

  • メルマガのコンバージョン率アップ
  • ブログタイトルのコンバージョン率アップ
  • Facebook広告のコンバージョン率アップ
  • PPC広告のコンバージョン率アップ
  • SNS配信のコンバージョン率アップ

 

をもたらしてくれるからです。

 

そして、これらのコピー集は

僕が今まで大失敗と成功を繰り返した

文言集をご紹介しています。

 

もちろん、業種によって

数字は変わりますし、

お客さんや商品によっても

変わることがあります。

 

しかし、僕が試した結果、

ほとんどの場合、CV率30%以上を

もたらしてくれました。

 

なので、オススメできるコピー集として

このページにまとめたいと思います。

 

きっとあなたのコンバージョン率も

上げてくれるでしょう。

 

なぜ、この情報をお伝えするのか?

なぜ、僕はあなたにこの情報を

お伝えするのでしょうか?

これには2つの理由があります。

 

まず、1つ目の理由。

それは、僕が忘れないように

まとめておきたいと思ったから。

 

そして2つ目。

それは、今後、コピーの従業員を

雇うコミットをしているので、

その「マニュアル」として

作成しておきたかったから。

 

最後の3つ目。

これが一番の理由ですが、、、

このコピー文言集を変えるだけで

「今田って人凄い…」と思ってもらい、

またこのブログに戻ってきてくれることを

期待しているからです・・・

 

なので、

・やってはいけないコピー

・取り入れるべきコピー

の、どちらも説明していきます。

 

ではまず、やってはいけないコピーについてから。

【避けるべきコピー①】「※」を使ってしまう

 

なるべく使わない方がいいコピー。

それは、※(こめじるし)です。

 

なぜなら、※というのは

「注意」「警告」「危険」

という意味なので、

 

人間の行動を抑制する

イメージを与えてしまうからです。

 

特に、、、

タイトルやオプトイン登録、

お申込みフォームの近くに

付けてはいけません

 

せっかくフォームのボタンを押そうか

迷っているのに、行動を止めて

いるようなものです。

 

あるいは、迷いや不安を強化して

しまうからです。

 

なので、今すぐ自分のページを見て、

「※」を使っていないか

確認しましょう。

 

 

「いや、だって、こういうクレームがあったから」

 

という理由で書く人が多いのですが、

もしその人数が膨大なら

やめておいた方がいいかもしれません。

 

しかし、実際にどっちがいいのか、

CV率を計測して売上への影響を

比べてみてください。

 

きっとすぐに腑に落ちるでしょう。

 

今田 覚

 

【追伸】

リストが多ければ多い人ほど、

この改善効果は抜群です。

 

続いて、「コンバージョン率を上げる

コピー集7種」の2つ目です。

詳細を確認する(準備中)