集客力をアップして患者さんに感謝される方法

こんな人は読んでみてください。

  • 高いお金を出してクオリティの高いサイトを作っているけど、サイトからの電話が思ったよりも少ない、、、
  • 集客にお手上げ…もうどうすればいいかのか分からなくなっている、、、
  • チラシやPPC広告、セールスライターにデザインを頼んでいるけど、効果があまり感じられず反応率が悪い、、、

このように思っているなら、きっとお役に立てると思います。

そして、信じられないかもしれませんが、今からお話しする内容は、もっとも効果的で、もっとも反応が上がり、もっとも行動しやすい方法です。

たった一つの変更で集客力をアップする方法

ある面白い実験の話です。

それは、「ジャムの種類を増やせば購入者が増えるだろう」と考えた実験でした。6種類から24種類に増やしたのです。いろんな味もあって、自分に合ったジャムを探すこともできるし、選択も幅広くて「お客さんのため」と考えた実験でした。

ところが、購入者は6種類のときよりも圧倒的に減ったのです。こんなにもたくさん、種類も用意して、選択肢を増やしたのにそんなはずはない、と誰もが思いました。

人間の脳は、迷うと行動しない

結論から言います。

選択肢は、増えれば増えるほど、人間は行動しなくなります。なぜなら、迷っているので後回しにされ、最終的には忘れられるからです。本当に気になって気になって、好きで、どうしても買いたい、と考えてない限り、戻ってくることはほとんどありません。

これを、「選択肢の矛盾」と言います。

明確さが反応率をアップさせる

私たちのような集客代行や、セールスライターが陥るトラップの一つでもあります。それは、どんなに素晴らしいテクニック、説得術、マーケティング戦略を使ったところで、「明確さ」には敵わないということです。

つまり、こういうことです。

集客力アップのためのたった1つの方法

集客力をアップする簡単な方法は、選択肢をたった1つに絞る、ということです。もしあなたが、たくさんの施術コースを用意しているなら、患者さんが迷っている可能性があります。

なぜ、選択肢を増やすと予約電話が減るのか?

人間の脳は、面白く、単純にできています。

スタンフォードの本「自分を変える教室」でも紹介されていますが、人間の脳は、考えるごとに消耗されていきます。体力は消耗しますし、目もパソコンばかり見ていると疲れてきます。

それと同じように、脳は意志や決断、考えることで消耗するようにできています。そして、ほとんどの人は仕事の合間、空いている時間、忙しい時間を駆使して整体院を検索しています(考えれば分かりますが、ヒマでヒマで仕方がない、という人はあまりいません)。

人間は15時前後になると、考える能力も落ちてきます。まるで、仕事をしているかのようにしていますが、ほとんどが「もうろう」としている状態です。私もそうです。あなたもそうではありませんか?意志力は使えば使うほど消耗していくのです。

にもかかわらず、ほとんどの人は、さらに「これもあります。これもあります。そしてこれも!なので考えてこれらから選んでください!」と言ってしまうのです。そうなるとどうなるか?迷います。

迷うとどうなるか?後回しにされてしまいます。そして行動しなくなるのです。

患者に意志力を使わせてはいけない

もう、ご存知のように、ほとんどの人は忙しいので、ゆっくりとあなたのサイトを隅から隅まで見ている暇がありません。考えているヒマもありません。

自分に置き換えてみると分かります。仕事も家庭もプライベートも忙しいのに、「これも考えてください。あれも考えてください」と言われたら後回しにもしたくなります。

面白いのが、携帯電話に例えることです。

携帯電話はソニーやシャープ、富士通などいろんな種類があります。どの機能が一番自分に合っているか、どのメーカーが自分に合っているのか、どの会社がいいのか、、、なんて全てを考える人はほとんどいません。

大抵は面倒臭くなって、店員さんにおすすめを聞いたりして購入すると思います。つまり、お客さんは考えたくないのです。よく聞くのが「うーん、もういいよこれで。」です。

Apple社が売れている理由

その逆に、iPhoneはどうでしょうか?

サイトを見てみれば分かりますが、Apple社は「あれもこれも」戦略は取っていません。たった一つにシンプルに、明確に商品を売っています。もし、Appleのサイトに行ったことのない人は一度見てみるといいでしょう。

iPhoneはバージョンアップ商品が売られても、機能や操作的なものは変わりません。商品はたった1つです。パソコンもMac一つです。集客力アップの秘密は明確さです。

あなたのサイトはどうなっているか?

あなたのサイト、あなたのライバルのサイトを見てみてください。

  • コースをたくさん増やしていませんか?
  • 「あれもこれも素晴らしい」なんて言っていませんか?
  • 患者さんに意志力を使わせていませんか?

大切なのでもう一度言いますが、人間は、選択肢が増えるほど、迷って行動しなくなります。これを「選択肢の矛盾」といいます。ですが、「たくさんあった方が患者さんも選びやすいんじゃないか」と思う人もまだいるかもしれません。

その答えを簡単に理解するには、どちらでもテストしてみることです。

これが、最も簡単にできる集客力アップに繋がる方法です。たった一つのコースだけに絞って、1ヶ月間、試して数字で検証してみてください。面白いことが起きるでしょう。

約束してもいいですが、いろんなコースを用意している人が、たった1つにすると集客力がぐんっとアップします。騙されたと思って試してみてください。

P.S.

実は、選択肢を増やしても良いケースもあります。それは、「松」「竹」「梅」でコースを分けることです。サービス内容は同じで、クオリティや量が多くなるという単純なコースです。