目標達成に最も必要なこと

なぜ、人はいつも目標達成する前に諦めてしまうのか?

必要なこととは一体なんなのか?

人は、例え目標達成するための答えを知っていたとしても、達成できなかったり、途中で諦めてしまう人が多いということは周りを見渡せば一目瞭然です。では、なぜ目標達成するための方法が分かっていても私たちはゴールに到達することができないのでしょうか?

人生で、自分自身が満足の行く目標や夢を叶えるための最大の秘訣というのはあるのでしょうか?

実は、必要なことがたった一つだけあります。このたった一つの必要なことさえ理解し、しっかりと実践し続けることができれば、どんな目標もどんな夢も達成できない目標は存在しません。

目標達成するのに必要なことはたった一つ

人間は、どんなに不器用な人でも、どんなに才能がないと言われる人でも、どんなに周りから嫌われていたとしても夢や目標を叶えることができるのです。例外はありません。

もちろん、人それぞれ習得するスピードや達成するスピードは変わりますが、”やろうと思えば全てが可能”になるように人間は作られています。

この記事では、あなたが目標達成をするにあたって”必要なこと”とは一体なんなのか?という人生のヒントになることをご紹介します。しかし、その上で念頭に置いておかなければいけないことがあります。

それは、どんなに素晴らしいノウハウや本、教科書であっても何も実践に移すことができなければ”全く意味がない”ということです。30年間、野球の本を何百冊を読み、何百回と熟読しようとフォークは投げれるようになれないのと同じように、どんな学習も”行動ありき”ということを理解しておきましょう。

もちろん、今からご紹介する目標達成に必要なことは、実践できなければこの記事は何の役にも立ちません。もし実践をする気がないのであれば、ここで読むのを一旦やめて、別のことに時間を費やしたことをおすすめします。

では、目標達成に必要なことをご紹介します。

目標達成に必要なことは・・・

必要なことは、たった一つです。それは、心の中で目標を達成し、成功したことを実感することです。まず、外側の世界で実際に目標達成をするよりも先に、内側の世界(心の中)で目標を達成をし、成功を実感しなければなりません。

なぜなら、心の中で成功を感じることが出来なければ、感情が伴わなず行動に移すことができません。人は信じることができないことを自ら実行に移すことができないからです。

つまり、“自分は目標達成できる力がある”ということを信じることができなければ、目標達成するのに必要な行動を移すことができずに諦めてしまいます。

どんな分野の場合でも、目標達成するのに必要な実証済みのテクニックやノウハウを手に入れたとしても、あなた自身が「達成できる!」ということを信じることができなければその夢は絶対に叶わないからです。

その逆もあります。成功のための実証済みテクニックや知識を指導者が教える場合、その指導者が、聞き手に「自分でもできる」と信じ込ませることができなければ100%達成できる知識でも達成できないのです。

私の場合は”Googleアドセンスで生活を賄う方法”を教えていますが、「記事を書き続けることで月収20万〜30万円の媒体を簡単に作ることができます」といくら説得したところで、聞き手が「自分にもできる」と信じ続けることができなければ達成することはできません。

「自分には、人生を変える力、自分を変える力、目標を達成する力があるんだ」

と思わなければ、数百万円払って得た知識でも必ず達成することはできません。例外なく、目標達成をするのに必要なこととは、自分を信じることなのです。

あなたの人生を変えることができるのはあなたしかいないのです。つまり、指導者や成功者がどんなに成功方法を教えたところで実践するための“信じる力”がなければ達成には至ることはないでしょう。

自分を信じるために必要なこと

では、どうしたら自分自身を信じることができるのでしょうか?

その答えは、現状のあなたの思考回路を理解することから始めなければなりません。ネガティブな言葉とポジティブな言葉のどちらがあなたの頭の中で毎日巡っていますか?いつも想像していることはなんでしょうか?

その内容が「失敗している思考」であれば、「成功している思考」に変えなければなりません。また「失敗を探すような質問」であれば、「成功を探すような質問」をしなければなりません。

自分を責めたり、自分を低く見ることが多いのであれば、その思い込みを取り払わなければなりません。例え今まで何かに失敗してきたとしても、それは”一時的敗北”であって”人生の敗北”ではありません。

必要なことは心の中を常にポジティブ感情で満たされている必要があるということです。

つまり、モチベーションというのは内側から湧き出てくるものなので、いかに自分の心の舵をとるかで目標達成の早さも変わってきます。

自分を信じるために必要なこととしては、「今まで成功した自分を思い出す」というエクササイズがあります。経験したこともないことを具体的に想像できるのであればそれに越したことはありませんが、自分の今までのちょっとした成功でも良いのでそれを思い出します。

小さい頃100点を取ったことでも運動会で1位を取ったことでも何でも構いません。自分が自信を持っていた時のことを具体的に鮮明に思い出すようにします。大切なのは、自分自身がリラックスしていない状態で、不安に包まれている時は想像力というのはマイナスのイメージを作りやすくなるので、必ずリラックスしてから想像力を働かすようおすすめします。

心の中の質問内容を変える

自分自身に質問をするときにどんな内容なのかはしっかりと意識しなければなりません。例えば「なんで自分はいつも失敗するんだろう?」という質問は絶対にしてはいけません。なぜなら、その先の答えは自分がマイナスな感情になる要素しか詰まっていないからです。

その代わりに「成功するためにはどうすればいいんだろう?」と質問する方がいい情報やいい感情が入ってきます。答えが見つかったときには嬉しい気持ちになります。

自分が望む方向へ人生を持って行きたいのであれば、この”自分への質問”は必要なことNo.1に入れておくべき手法と言えるでしょう。

「自分が何をすれば、今日1日を楽しむことができるだろうか?」

「目標達成するために何から行動すればいいだろうか?」

「どうすれば早く目標達成できるだろうか?」

「スピーチが上手くなるためには何を身につければいいのか?」

「あの人を笑顔にするためにはどうすればいいか?」

「今日を全力で生き、満足感を得るためにはどうすればいいか?」

これらの質問は自分を良くしようとするポジティブな質問です。

次は間違った例の質問です。

「なぜ自分はまた失敗したんだろうか?」

「自分のダメなところは何か?」

「今日上手く行かなかったのは何が原因だろう?」

「どうしてもいつもこうなんだろう?」

実は、これらの質問は間違っています。自分のモチベーションを減らし、行動力というパワーを奪う質問です。なぜなら、これらの質問からはネガティブな内容が想像されてしまうエネルギーを持っています。

目標達成に必要なことは自分を“信じること”とお伝えしましたが、コンサル業務に取り組む中で、もっと手っ取り早い方法の一つとして、「自分の信念は全て間違っていると思え」と指導する人も中にはいます。

そして、その指導者の言うことだけを信じるようにさせ、信じなくてもいいから「まずは行動させる」という手をつかっている人もいます。これはある意味効き目のある方法です。なぜなら、指導者のいうことを全て行っていれば成功できないわけがないからです。

その行動はしばらくすると結果として現れるので、”行動させて理解させる”という手法をつかっています。自分をどうしても信じることができない人には機械的に全て指導者のいう言葉を全て信じて実行するのがいいかもしれません。

【目標達成方法のコツ?】頑張るのを辞めること。