【目標達成のプロセスに壁が訪れたら?】

「失敗しないで目標達成する方法はありませんか?」

「目標達成のプロセスで壁が現れたらどうすればいいですか?」

失敗しない方法を探しているあなたへ。残念ながら…目標達成をするにあたり、失敗しない人などこの世に存在しないと思います。長期目標であればあるほど壁の量も失敗の量も多いのが現実です。

目標達成のプロセスの中に「失敗」が組み込まれていると受け止めることがスムーズに前進する最良の方法です。目標を難なく達成できる人は「失敗」を失敗だとは思いません失敗は成功するための重要な要素だと思っているのです。

世界でも有名な発明家、トーマス・エジソンは電灯を完成させるまでに何千回、何万回と失敗しましたが、エジソンはそれら全てを失敗と思っていませんでした。成功するための重要な要素だと思っていたのです。

逆に失敗がなければ、何がダメかも分からないので、成功へと修正するための道標となったということなのです。

この考え方はかなり重要です。

目標達成までのプロセスの中で失敗は当たり前

想像してみてください。

例えば、かなり複雑な迷路があるとします。その迷路のゴールへの道はたった一つです。しかし、もし行き止まりが無ければどうなるか分かりますか?間違った道を進んだ時に「行き止まり」という名の「失敗」が無ければ、永遠に間違った道を進んでしまうことになるのです。

そうなれば成功への道へ修正することもできません。

トーマス・エジソンは「間違い」や「失敗」をとてもありがたいものだと思い、失敗があればその度に修正を試みました。修正を繰り返し行うことで、成功への道が必ずあると確信していたからです。

成功とは、間違いを修正してくプロセス

この格言は真実です。他にもあります。

成功とは、繰り返しのプロセス

やり続けることの重要性を偉人たちや成功者は語ります。努力の神である野球選手のイチローも、、、

夢や目標を叶える方法は一つしかない。小さなことを積み重ねること

小さいことを繰り返し積み重ねていくことで目標に近づくことができるのです。

目標達成プロセスの中の壁の正体

実は、目標達成のプロセスで大きな壁となるのは”失敗”ではありません。失敗によって引き起こされる“自分自身の精神力”によって意欲やモチベーションが激減します。

人間が最も陥りやすいと言われる人生のトラップがあります。それが、一時的敗北を一生の敗北と勘違いしてしまうことです。目標達成へのプロセスの中に必ず含まれる”失敗”はただの結果であって、あなた自身が失敗なのではありません。

「自分はダメな人間だ」と勘違いしてしまうことが目標達成の大きな壁となるのです。実は、「失敗」や「間違い」「行き詰まり」というのが問題なのではなく、それによって引き起こされる感情に問題があるのです。

これらをただの「結果」と認識し、”成功への道を教えてくれる誘導者”だと思うことができれば、ストレスを最小限に抑えて目標達成することができるようになります。

目標達成のプロセスだけではなく、”思考のプロセス”にも重点を置か無ければなりません。あなたの心の舵を取れるのは他の誰でもなく、あなたしかいません。

自分を責めることで成長するのだという間違った考え方は今日をもってやめるべきです。思考のプロセスにネガティブな感情を忍ばせてはいけません。もし自分を責めてしまうことがあれば、目標達成への最大の壁に変わります。

人間が行動するまでのプロセスとは?

あなたが何かを手に入れようとした時、どんなプロセスを踏んでそれを手に入れているか考えたことはありますか?そのプロセスは誰もが確実に通っています。

人間は例外なく、考えたことを現実にしています。

つまり、考えたことが結果に繋がるということです。人間は考えたことが感情になり、感情となったことが行動へ移り、行動したことが必ず結果に繋がります。

考えもしないものは手に入れることができません。

ナポレオン・ヒルの言葉を借りるのであれば、

人間は自分が思うような人間になる

ということです。

歌手になりたいと思わなければ歌手になることはできません。弁護士になりたいと思わなければ弁護士になることはできません。野球選手になりたいと思わなければ野球選手になることもできません。

何もなりたいと思わなければ、何もなることができません。逆を言えば、あなたが本気でなりたいと思うことは何でも達成できるということです。

しかし、あなたがどんなに厳密に立てた目標計画でも、心の状態が悪ければ目標達成することができません。上記で話した通り、人間が行動に至るまでのプロセスは重要です。「不安」や「自己不信」という思考に至ると行動が出来なくなるからです。

育てる思考を考える

目標達成の願望を育む方法

一時期的敗北というトラップによって自信をを失う人は少なくありません。そうなると「本当に自分にはできるのか?」という思考の種が植えつけられ、最終的にその種が花となって「自分にはできるわけがない」という思考に育ってしまいます。

そうではなく、「自分にもできるかな」というチャンスの種を育て、「自分には必ず達成できる」という花を咲かさなければなりません。

目標達成のプロセスの中には常に人間の思考プロセスがあります。

目標達成のプロセスをどんなに計画的に固めたところで、自分自身のセルフイメージ(自分に対する思い込みやイメージ)が伴っていなければ進み続けることは難しいのです。

「達成できないものはない」という信念を確立することができれば、壁は何もなくなります。目標達成のプロセスの途中に「間違い」「失敗」「行き詰まり」が生じてもあなたは「達成できない訳がない」と思っているのでありとあらゆる手段を見つけ出して修正していくことができます。

そうなれば、トーマス・エジソンと同じように、“失敗は成功するための重要な要素”というマインドを手に入れたことになります。実はこの考え方だけで目標は簡単に達成できてしまいます。

・・・

あなたが自分自身を疑わない限り。

・・・

全てはこの格言に尽きます。

自分を信じるものは成功する

自己啓発は自分の思考をコントロールする方法やモチベーションを維持するための具体的なやり方を学ぶことができます。しかし、ただ読んだだけでは意味がありません。全てにおいて学ぶ時にはある法則があります。

【自己啓発が目標達成に必要な理由?】