目標達成のためのおすすめ自己啓発本3位!

もし、”たった一つの本”があなたの人生を変え、家族や子供から“尊敬される存在”となったらどうしますか?想像してみてください…あなたの子供が「お父さんは凄い人だ!」と友達に自慢している姿を…


 

あなたはこのように
思ったことはありませんか?

・なんで、こんなに必死に頑張っているのに、溜まるのはお金じゃなくてストレスなんだろうか…

・どうすれば、もっと簡単に目標を達成することができるんだろう…

・家族とも友人とも中々上手くいかない…

そんな時のおすすめ本があります。

この本を読めば、目標達成に向けてストレスなく前進することができるようになります。でも…ほとんどの人は本を読む時に、次のような2つの間違いをしています…

・本を読み終えることが目的となっている

・知識だけが増え、満足している

これは、自己啓発のワナです。

自己啓発は読むだけでも気持ちのいいものです。なので、気分だけよくなって、行動に移さなくなってしまう人が少なくありません。なぜ、今までに習った小学生〜高校までの知識が役に立たないか不思議に持ったことはありませんか?

答えは簡単で、行動に移す前提で学んでいないからです…

でも、あることを意識して読むと、まるで新幹線に乗ったようなスピードで目標まで到達することができます。

なぜ、そこまで言えるのか?

ウォルトディズニーやIBMなどをコーチングしている全米トップクラスのリー・ミルティアはこう言っています。

「人生を変えたければ、考え方すら変えればいい」

人間の行動は全て”考え方”で行動が決まるというのは、多くの心理学者が口をそろえて言います。思考のコントロールができるようになれば、どんな問題や壁にぶち当たっても、ストレスを無くした状態で前進できるようになるからです。

あの有名な著書『サイコ・サイバネティクス』を書いたDr.モルツも次のように言っています。

「人間は、考えたことが気持ちになり、気持ちになったことが行動に移り、行動に移ったことが結果につながる」

ご存知のように、これは誰もが心のどこかで理解していることです…。

例えば、プレゼンテーションで「自分には無理。自分には無理。自分には無理。」と連呼しているとどうなるか?

言うまでもなく…失敗している自分のイメージを頭の中で何度もリハーサルしています。すると、そのイメージが気持ちに移ります…

結果、手は震え、声も裏返り、頭は真っ白、何を言っているのかも分からなくなってしまいます。

頭の中でリハーサルを繰り返した失敗は行動へと移り、その通りの現実になります。私たちが想像したことはすべて、脳が自分の体を支配します。

そして、リーミルティアによれば…

想像したことは4ボルトの
電流で脳に刻み込まれる

と言います。

そんな時に役に立つのが、Dr.モルツの『サイコ・サイバネティクス』です。

他にも、脳についてや考え方、実践的な内容が詰まっているおすすめ本を順番にご紹介してきますね。

実は、私もどもり症で、質問されただけでもフリーズする厄介な自己イメージを持っていました。でも、自分へのイメージが変わると、行動も不思議と変わるんです。それを証明しているのが『サイコ・サイバネティクス』です。

成功している人達は殆どの場合、自己啓発本で“成功するための考え方”を学んで成功しています。私自身、大きな成功を納めているわけではありませんので、偉そうなことはもちろん言えません…。

でも、私のような「お前頭悪いね」「そんな仕事もできないの?」「クスクス」と笑われていた平凡以下の自分でも、「どうやってやったんですか?」とSEOコーチングやGoogleアドセンスのコーチングを飲食会社の人事などから依頼をいただけるようになりました。

成功者に変える唯一の勉学が自己啓発本と言っても過言ではありません。

自己啓発して目標達成した有名人とは?

ブルース・リーは
自己啓発を研究していた…

知っていましたか?あの有名なアクション俳優、ブルース・リーも自己啓発本を研究していたのです。私がそれを知ったのは、ずいぶん先のことですが。。。

実際にブルース・リーは世界的にも有名になっています。目標の立て方・行動の仕方・考え方を学ぶ宝庫が自己啓発本です。

また、自己啓発本には「なぜ成功することができたのか?」という偉人たちの実際の成功するまでのプロセスや物語が記されています。

「間違い」や「失敗」に至った時にどうやって切り抜けることができたのか?を詳しく書かれているのです。

自己啓発本を読んでいけば、成功者がいかに「平凡な人」だったのか、というのが理解できると思います。”考え方”さえ身につければ、誰でも自分の設定した目標を達成できることが確信できます。

とは言っても…

一体なんの本から手を出して良いのか分からない、という人が多いと思います。この記事では、最もおすすめできる自己啓発本をご説明してきます。自己啓発本を選ぶにあたって気をつけなければいけないこともあります。

それは、その本を書いた人が本当にその道で成功したのか?ということです。現在世の中には成功していない人の成功法則本がたくさん存在しています。ここで紹介する自己啓発本は実際に成功をしている人が書いている本をご紹介しているので安心ください。

おそらく名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

目標達成のためのおすすめ本とは?

目標達成のためのおすすめ自己啓発本3位!

『七つの習慣』

七つの習慣はジェームス・スキナーが日本に広めました。ジェームス・スキナー自身も『成功の9ステップ』で成功者を多数輩出しています。しかし、私自身まだ手を出していないので身につけ次第こちらの記事に載せていきます。

また、こ『七つの習慣』の著者であるスティーブン・コヴィー博士の共同創設者のロイス・クルーガーの『8つの鍵』もおすすめです。

目標達成のためのおすすめ自己啓発本2位!

『思考は現実化する』

この本はかなりのおすすめ本です。

なぜなら、一文無しの浮浪者が、いかにしてあの有名なトーマス・エジソンと共同経営者になることができたのか?ということが分かるからです。

あなたがこの本を読み終える頃、「こんな人たちでも成功できるなら、自分もうまく行かない訳がない」ということが理解することでしょう。

この本は…

アンドリュー・カーネギーというアメリカで初めての億万長者が1835年〜1919年の生きている間に「誰でも成功・目標達成できる方法」を研究したものです。亡くなった後、その体系化されたノウハウをナポレオン・ヒルという人物が更に研究し尽くして洗練された成功法則です。

「そんなに昔のものだったのか」と驚く人も少なくありませんが、そんな大層な本が昔から生み出されていたのです。つまり、この本には、”考え方”を変えたことによって成功した人たちの物語がたくさん紹介されています。実際の話です。

“考え方”という名の宝物がたくさん詰まった本です。

この本を読むことで、あなたは読んでいる間もモチベーションが上がり続けることができます。何よりも、本の活用の仕方も具体的に書いてあるので、信頼すべき点ばかりのおすすめ本です。

電灯を完成させた超有名な発明家、トーマス・エジソンもこの”考え方”によって大成功を収めています。その内容については実際にこの本を読んでください。

目標達成のためのおすすめ自己啓発本1位!

『サイコ・サイバネティクス』

上記のおすすめした『思考は現実化する』ですが、中には「あまり理解できないです…」という人もいます。「本当に現実になるのかな…?」などなど。

もし、そう思うのであれば、脳の仕組みを発見し、「なぜ、想像することが大切なのか?」ということを具体的に教えてくれます。多数の研究者によって立証・実証・解明されているというのが理解できます。

最も私がおすすめする本が、マクスウェル・モルツ博士の原著『サイコ・サイバネティクス』です。「なぜ、落ちこぼれができるのか」「なぜ、どもりになる子供が育つのか?」なども詳しく理解することができます。

人によっては1位が『思考は現実化する』の人が多いのですが、私は『サイコ・サイバネティクス』を選択しました。なぜなら、私は相当の人見知りや度が過ぎた緊張・人前では頭が真っ白になってしまうような人間だったからです。

ビジネスセミナーで1番前に座って手を挙げることなどできる人間ではありませんでした。しかし、モルツ博士の「セルフイメージ改善エクササイズ」によって、“自分の思い込み”という自己催眠を解き放つことができました。

簡単に言えば、目標達成に向けて誘導ミサイルのように自動的に前進できる方法を学べるということです。

実は、現在アメリカで億万長者のビジネス界では知らない人がいない程の権威、ダンケネディも『サイコ・サイバネティクス』で「どもりを治した」ということです。また、ディズニーやアメリカンエキスプレスなどの大企業のコーチングをしたリー・ミルティアも取り入れています。

他にも、マット・ヒューリー、世界のプロスポーツ選手も実践しています。単なる自己啓発という訳ではありません。

どの自己啓発本や成功法則本で言いたいことは「想像する」ということですが、その大切さを具体的に分かりやすく説明してくれるのが『サイコ・サイバネティクス』だと私は思っています。

あなたも、自分自身を変えたいと思うのであれば、是非目を通しておいてください。

おすすめ自己啓発本の勉強方法とは?

ちなみに、どんなに素晴らしい本、どんなに価値のある本だとしても、それをただ読むだけでは自分の人生は何も変わりません。なぜなら、読んだだけではその時は理解することができていても行動にはならないからです。

大切なのは「本を読み終えること」ではなく、「この本から学び、行動に移せることは何か?」という質問を自分にしながら学ぶべきです。行動に移したことは3日ボーズだったとしても覚えているものです。

もちろん、継続しなければ意味がありませんが、何回も読むよりは一回でも行動に移すことができた方が必ずその”考え方”や”ノウハウ”というのは少なからず身につきます。同じことを学んでも結果が出る人とでない人がいるのはこのためです。

結果が出ない人は、結果に伴うための行動をしていないからなのです。しっかりとした自己啓発本にも「必ず行動に移してください」というコメントが記されているはずです。今まで学んだ中学・高校・大学の授業は殆ど覚えていない理由は“行動に移さないから”です。

どんなに学んでも、何百冊と何千冊の知識があったとしても、行動に移さなければ人生に反映されるものは何もないことを理解しなくてはなりません。つまり、その知識は“無いのと同じ”なのです。

本は目標達成に絶対に欠かせません。

【自己啓発が目標達成に必要な理由?】