なんでお前はいつもこうなんだ!

このページでは、なぜ、従業員やスタッフ、アルバイトが自分から行動せず、しかもモチベーションを無くして辞めてしまうのか?行動心理から見た1つのポイントについてお話しします。

そして、なんでモチベーションが上がらないのかも。。。

 

これが、スタッフが動かない原因と改善策…

“人を改めさせよう、変えようとする前に、
まず自ら改め、自分が変わればよい”

こう言ったのは、昭和24年に倫理法人会を立ち上げ、今では全国で数千の経営者達を集めている、丸山敏雄氏の言葉です。

つまり、「何でお前はいつも言うことを聞いてくれないんだ」「だからお前はダメなんだ」「何で分かってくれないんだ」と改めようとすること自体が間違っている、ということです。

なぜなら、人間は強制されることを根本的に嫌うので、どれだけ「理屈」「論理」、「正当」なことを語られても、感情がついていかないので、身体もついていかないからです。もちろん、権力を使ったり、脅したり、銃を突きつけて動かすのは簡単です。

しかし、その場合、長期的に自ら動いてくれることはないので、指示が毎回必要になって逆に効率が悪くなってしまいます。人は、自分で導きだしていない答えに対して、ただ単に、押し付けられたようにしか感じないのです。

“人を改めさせよう、変えようとする前に、
まず自ら改め、自分が変わればよい”

では、どうすればいいのか?

徳川家康は、現代風にこう言いました。

「怒ってはいけないし、怒らせてもいけないし、責めてもいけないし、変えようとしてもいけないし、動かそうとしてもいけない。じゃあ、どうすればいいのかだって?答えは簡単だ。それは、惚れさせること

と言ったのです。

つまり、従業員が動いてくれないのは、心から「この人についていきたい」とは思われていないということ。

実際、人は仕事ができるだけでは動いてはくれませんし、頭がいいだけでも動いてもくれません。まず、自分が好かれているかどうかに掛かっている、ということです。

でも、最悪なのはここからです。。。

スタッフを信じないリーダー

人間の行動心理には、次のような傾向があります。

  • 自分を好きになってくれる相手を好きになってしまう
  • 自分を信じてくれる人を信じたくなってしまう
  • 自分に優しくしてくれる人には優しくしたくなる
  • 自分を褒めてくれる人にはいつも一緒にいたい
  • 自分を頼ってくれる人に頼りたくなる

つまり、信じてくれない人のことを信じる人はいません

にも関わらず、多くの院長が「だからお前はいつもダメなんだよ」「だからお前は信用出来ないんだ」とスタッフに言っているのです。

従業員を心から信じることができていないのに、「自分の言うことは信じろ」というのは無理な話だとは思いませんか?

  • うちの従業員はいつもこうだから信じられない
  • うちの従業員は才能がない
  • うちの従業員はモチベーションが低い

と思っているなら、従業員は本当にそのような人物になります。

これは本当です。

1950年代にセルフイメージ心理学で有名なマクスウェル・モルツ博士が「お前は馬鹿な子だ、といい扱いを受けた子供は本当にそうなる」と言っているように、これは、大人であるスタッフも例外ではありません。

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

 

惚れられたいなら、まずは惚れる

つまり、スタッフを動かす唯一の方法は、、、

  • サンキューレターを書いて欲しいなら、まずは自分が書く
  • 掃除をして欲しいならまずは自分が掃除をする
  • 自分を好きになって欲しいならまずは自分が好きになる

ということです。

最近では、営業テクニックや人をコントロールする方法などの、「小手先のテクニック」ばかりが出回っています。一時的に動かせても、すぐにバレるので、長期的に動いてくれることは絶対にありません。

ポイントはこれです。

 

“人を改めさせよう、変えようとする前に、
まず自ら改め、自分が変わればよい”
by.丸山敏雄 氏

家族やプライベート、友人や同僚にも同じことだと言われています。

あなたは、誰を改めさせようとしているでしょうか?

 

P.S.

なぜ、今までの集客方法では患者さんが集まらないのか?

その理由が下記のページです。

【警告】今までの集客方法ではダメな理由…これが、整体院の現状です