これが、整体院でやってはいけないサンキューレターの書き方

From:今田覚

院長を務めているあなたへ

なぜ、サンキューレターを患者さんに送ってるのに、集客できる整体院とできない整体院があるのか?

サンキューレターを送って失敗する、2つの間違いについてお話ししていきます。

失敗するサンキューレター

【失敗するサンキューレター①】
お待ちしています

知っていましたか?

「お待ちしています」というサンキューレターは、患者さんにとって、ただの利益を求めている売り込み文句にしか聞こえていません。サンキューレターを送ってきたのは、どうせ利益を求めているからでしょ?という印象を与えてしまうのです。

何より、愛情がこもっていませんし、機械的です。

これは、絶対にやってはいけません。

他にも、「次のご予約日は◯月◯日です」と入れてしまうのも、絶対にやってはいけません。利益を求めていると疑う人が少なくないからです。患者様もバカではありません。

売込みの臭いは
患者さんにすぐバレる

もっと言うと、「小手先のテクニック」はすぐにバレてしまうので、セールスライティングや行動心理を学んでいる院長さんほど「操ろう」という意識で書いてしまい、失敗している人が多いです。

【失敗するサンキューレター②】
綺麗で凝ったデザイン

秘密を教えます。

患者さんにとって、綺麗なデザインかどうかはどうでもいいのです。理由は簡単で、患者さんの目的は整体で身体の痛みを改善してもらうこと。もっと言うと、仕事やプライベートで支障が出ないようにしたいとか、もっと健康的にスポーツがしたいなど、現在問題を抱えている人が来院しているのです。

なので、そもそもどんなデザインだったかは覚えていませんし、凝ったデザインをデザイナーに依頼する必要はありません。目的は、綺麗だと思ってもらうことではありません。「あの整体院にまた行きたいなぁ」と思ってもらうことです。この重要な意味、伝わりますでしょうか。

これが、サンキューレターで重要なポイント

なぜ、多くの院長がサンキューレターを送っているのに集客できないか?

理由は簡単です。サンキューレターではなく、売り込みレターになっているからです。サンキューレターの本当の目的は、来院してくれた患者さんに「あなたは大切です」「あなたはこの整体院にとって本当に大切なんです」「あなたのことは忘れていません」と認識してもらうためにあります。もっと言うと、喜ばすためだけにあります。

例えば、、、

田中さん、お元気ですか?

先日は来院していただいてありがとうございました。

田中さんは力仕事が多いので、いつも無理をされている印象があります。お客様のために一生懸命働く愛情でいっぱいの田中さん。どうか、ご自分のことも大切にしてくださいね。お仕事応援しています。

木村院長

これだけでも圧倒的に違います。

「来て来て!」というセールスは必要ありません。「ちゃんとあなたのことを見ていますよ」「本当にありがとうございます」「あなたが大好きです」という想いを書いて、嬉しい気持ちになってもらうことが、サンキューレターの目的です。売り込むためではありません。

それも、家族同然に。

しかも、それが一斉送信されたかのような、「どうせ、自分以外の人にも送ってるんでしょ?」と思われるような印刷物では絶対にいけません。面倒臭いから効率化しました、なんて臭うようなサンキューレターではいけないのです。

あなたが送っているサンキューレター、ただの売り込みになっていませんか?

 

今田覚