From:今田 覚

整体院の院長さんへ

このページでは、なぜ、患者さんが来院して満足して帰っているのに、全くリピートしない上、しかも紹介してもらえないのか?

多くの院長さんが陥る罠についてお伝えしていきます。

そして、どうやって改善するのかも・・・

患者さんにとって、技術や知識はどうでもいい

秘密を教えます。

技術や知識は、患者さんにとって、あまり重要視していません。

もちろん、技術や知識は大切です。しかし、患者さんにとってそれは当たり前のことで、求めているのは「プラスアルファ」のことです。

例えば、飲食店でお客さんが求めるのは「美味しさ」ではありません。言うまでもなく、飲食店で美味しいのは当たり前のことなので、本当に求めるのは「雰囲気」や、連れて来た大切な人に喜んでもらいたいと言った「おもてなし」を求めているのです。

簡単に言うと、こういうことです。

お金を払ったことに対する代価は当然

これは最初、僕も間違っていました。

集客を依頼して来た人に対して、集客をするのは当たり前で、それだけを提供しても喜んではくれません。なぜなら、お金を払ったことに対する「当たり前」を提供したに過ぎないからです。

とはいっても、「いや、そんなの当たり前でしょ」とあなたは思ったかもしれません。そうです。当たり前です。つまり、多くの人が、お金を支払った時にだけしかおもてなしをしない、ということです。

もっと言うと、テスト前にだけ「ノート貸して。親友じゃん?」と言う都合の良い友達と同じなのです。お金を支払ってくれた時にだけおもてなしをする。この重大な概念、伝わりますでしょうか。

リピートされる人、されない人

結論はこうです。

多くの整体院は、お金を払ってくれた時にだけしか施術をしないので、リピートされません。

理由は簡単で、患者さんが「都合の良い友達」になってしまっているからです。いや、自分はそんなことはない、と思っていても、それを決めるのは患者さんなので、多くの院長さんが「自分はこんなにスキルがあるのになんでだろう…」と思っています。

スキルは、患者さんにとって当たり前なのです。

「プラスアルファ」なのです。

それは、サンキューレターかもしれませんし、直接患者さんに電話をして、「調子はどうですか?」とお電話をすることもかもしれません。施術中に仲良くなって、今度一緒にご飯を食べに行くことかもしれません。

なんでもいいのです。

ちなみに、紹介だけで回している整体院で、「患者さんが今悩んでいることを引き出して、8割以上は問題を解決してくれる人を紹介してる」なんて人もいました。

他にも、「そもそも、リピートさせよう、だなんて考えていません。一回で改善してもらって、半年は来ない様にさせます。さらにメールのやり取りもするのでリピートが絶えないのかもしれません。」なんて院長さんもいます。

結局、本当に患者さんの役に立ちたい、と思っている整体院が生き残っているのを見て来ました。小手先のテクニックを使ってリピートさせよう、だなんて考えていると、すぐにバレてしまいます。

私が提供しているセールスライティングもテクニックです。

しかし、「貢献」という原則を持っていないと、全く通用しないことも自分自身で痛感しました。きっと、多くの人がテクニックに翻弄されています。あなたはどんな原則に従って、お客様と向き合っているでしょうか?

技術中心でしょうか?

知識中心でしょうか?

 

それとも、お客様中心でしょうか?

 

今田覚