営業が苦手でも簡単に契約を取る方法

From:今田 覚

 

この方法は、人によってはマナー違反だと感じるかもしれません。

なぜなら、営業をするに当たって、嫌われる必要も、断られる必要も、心がくじけることがほとんどないからです。もしかすると、広告に出すこと?と思う人もいるかもしれません。いいえ、違います。

この方法は、実際人と会う方法であって、セールスライティングも同時に使う方法です。なので、もしかしたらこの方法を聞いて「難しい・・・」と思うかもしれません。

しかし、この方法は、巧みな営業力や、巧みなセールスライティングは必要ありません。「ある程度」備わっていれば、使うことができる方法です。そして、ズルい。

販売無くして事業の継続はない

これは、誰もが知っていることですが、販売をせずに事業が成り立つことはありません。「私は紹介されてるから大丈夫」という人も、周りを見渡していると、必ずしもそうではないと感じています。なぜなら、いきなり紹介がパタッとなくなる時が必ずあるからです。

そう都合のいいように、物事は進まないのです。

実際、私も一度、紹介が回っていて浮かれていた時がありました。

「営業なんて必要ない」と思っていました。しかし突然、パタッと紹介がなくなった時は、知り合いにお金を借りてしまい、命を救われ、本当に助けられました。恥ずかしい思いをしました。今でも鮮明に覚えています。頭が上がらず、本当に感謝しきれない人となりました。

紹介が必ず続く保証はない

私は自分の失敗と、周りを見ていることで、紹介が永遠に続くことはないと確信しました。

理由は簡単です。

どんなに儲かっている人でも、コツコツと徳を積んで、人のために尽くしているからです。2年前、私が尊敬している、33億円を回す人は、5年間ずっと、ある社長に「無償奉仕」を続け、去年の終わり頃に3000億円を回す人物になっていました。

その人を見ていて思いました。

紹介が続くのは、紹介がもらえるための行動をコツコツしている人

商品やサービスだけを見て、リピートし続ける人はごくわずか。

商品やサービスが素晴らしくて紹介をくれるひともごくわずか。

永遠に続くものは存在しない

川に行って、コップに水を汲んで、3日間放置していたら、必ずその水は腐っています。その水が腐らないためには、常に流れを作らなくてはなりません。

事業も、ずっと同じ人だけでは必ず顧客は離れていきます。なので、新規顧客もある程度、常に呼び込んで、回し続けなければなりません。そして、徳を積む。

安定を求める人が、安定を手に入れられないように、同じ状態が続くことはないのです。

「安定は衰退だ」
by.マットフューリー

では、話を戻しましょう。

巧みな営業力も必要無く、巧みなセールスライティングも必要のない、ズルい方法とは何でしょうか?これは、私が今でも使っている方法で、傷つかずに契約を取る方法です。

もしかすると、信じてもらえていないかもしれませんが、今からそれを説明します。

全部で3ステップあります。

営業が苦手でも簡単に契約を取る3ステップ

それが、これです。

ステップ1:セールスページを作っておく
ステップ2:人と会って名刺を渡す
ステップ3:セールスページを見せる

この3ステップなぞることができれば、営業は必要ありません。

なぜなら、セールスページが見込み客に売ってくれるからです。

とは言っても、これを見てがっかりする人もいるかもしれません。「そんな簡単にはうまく行かないでしょ・・・」と思う人もいるでしょう。

なぜ、この方法が素晴らしいのか?

具体的に説明します。

巧みなセールスライティングは必要ありません

もしかすると、あなたはすぐに信じることができないかもしれません。

なぜなら、文章は難しく、ライティングのスキルが身につくのは、相当の時間がかかる・・・と思っているからです。確かに、早くても一人前になれるのは「2年が必要」と言われています。

しかし、見込み客がハッキリ絞れている場合には、そんなことはありません。例えば、あなたの知り合いに、あなたの商品を求める人がいたとします。その人がなぜ、商品を求めるのか?なぜ、そこまで悩んでいるのか?なぜ、今すぐその商品を欲しいと思っているのか?現状から抜け出したい理由や将来なりたいことは何か?

これらを熟知していれば、「その人だけ」に向けたセールスページを作るだけでいいのです。

多くのセールスページは、
多数向けに書かれているから失敗する

ほとんどの人は、「自分と多数」と考えながら文章を書いています。

でも、人に伝わる文章は、たった一人だけに向けられて書かれています。そして、人に伝わるスピーチも、たった一人に向けられて話されています。これは、本当です。

そして、私自身も、このページを「ある人」を想像しながら、その人に向けて文章を書いています。そう、あなたのことです。

そうすれば、内容が具体的になって、読まれやすい文章になることができます。例えば、事業を立ち上げたばかりの人であれば、「事業を立ち上げたばかりのあなたへ」とすることもできますし、営業が苦手だと思っている人がいれば、「営業が苦手なあなたへ」とすることができます。

具体的に言うなら、今、あなたが読んでいるこのページも、「営業が苦手でも簡単に契約を取る方法」となっています。つまり、そう考える人は見ざるを得ないページになっています。つまり、、、

相手を知っていれば、確実に振り向かせることができます

素晴らしい説得力は必要ありませんし、巧みな文章力も必要ありません。「その人だけ」に向けらえたセールスページは、その人と同じ悩みを抱えたほとんどの人を振り向かせることができます。

誰もが、名前を呼んだらこっちを向きます。

誰もが、現状を抱えている問題を書けば、振り向きます。

あなたにもできます。

嫌われる必要もありません

さて、あなたは「たった一人だけ」に向けられたセールスページを用意しました。

その状態で、ビジネス交流会に行き、他業種の人と名刺交換をしています。そして、名刺も「その人だけ」に向けられた名刺にするのです。

私の場合、以前、このような名刺にしていました。

名刺を渡した相手が「整体師」「鍼灸師」「柔道整復師」などの場合、100%振り向かせることができました。彼らが私にいう言葉は決まっています。

え?どうやって広告費を使わずに集客するんですか?

そしたら、勝敗はもう決まっています。

私が決まっていう言葉は、こうです。

「実は、ハガキを使った簡単な方法があるんです。是非、ホームページにも方法が載っているので、実践してみてください。」

もちろん、これだけでは終わらせません。

ここで、魔法の言葉を使います。

「◯◯さんはFacebookやっていますか?お友達申請させていただくので、もしよければURLを送っておきますね」

もし、この文言を使わなくても、後から名刺を確認してアカウント検索をし、お友達申請をして思い出してもらうことができます。そして、反応がよければURLを送ってあげる。

すると、不思議なことに、的を絞ったセールスページが、私の代わりに院長さんを説得してくれるのです。自分が営業する必要はありませんし、嫌われることもありません。なぜなら、私の優秀な営業マン(セールスページ)が、私の代わりに24時間365日、セールスをし続けてくれるからです。

セールスページは、私が遊んでいる時も、映画を見ている時も、別の仕事をしているときも、勝手に売り続けてくれます。

多少の準備は必要ですが、あなたも営業することなく契約を取ることができます。

(※もちろん、最終的には営業も学んだ方が効率的です)

本当にそんな簡単にうまくいくの?

悪魔でも、これは私が行ってきた一つの手法であって、誰もがうまく行くかはわかりません。しかし、、、

  • 営業が苦手・・・
  • 料金を話すのも怖い・・・
  • 嫌われたくない・・・

という人にはぴったりでしょう。

もしあなたが、今説明した通りの実践をしていただけるなら、効果は抜群だと思います。

しかし、「多くの人に反応してもらいたい・・・」と思った時点で、「一人だけ」へのメッセージではなくなるので、契約を取ることはできません。きっと、ほとんどの人の課題は、的を絞りたくない・・・というエゴを捨てることかもしれません。。。

ちなみに、的を広げて成功している人は、既に、顧客数を抱えることができているから出来ることです。間違っても、事業の立ち上げの段階で広げてはいけません・・・需要があり過ぎるなら別ですが。。。

 

重要なのは、「的を絞る」ということ。

 

あなたは、、、

  • どんな方法で契約を取っていますか?
  • セールスページは用意できていますか?
  • あなたの代わりに売り続けてくれる優秀な営業マン(セールスページ)はありますか?
  • ただ「あるだけ」のホームページになっていませんか?

 

P.S.

セールスライティングのスキルを身につければ、自ずと対面の説得力も向上することができます。

P.S.S

もしあなたが、セールスページを作って、「本当にこれでいいんだろうか・・・?」と思っているなら、「セールスページ添削相談」のサービスを開始したので、興味があればご相談してみてください。きっと後悔はしないでしょう。

文章添削相談(※ LINE@登録者限定)

※今田のLINE@登録者の方は、LINE@をご覧ください。