【仕事のモチベーションの上げ方!】

何もやる気が起きない…
どうしたらいいんだろう…

あなたは、こんな不安や悩みを感じたことはありませんか?

  • なんで、いつもあの人はモチベーションが高いんだろう、、、
  • なんで、自分はモチベーションの波が激しいんだろう…。高過ぎて困るときもあるのに、低い時は何も行動ができない、、、
  • どうすれば、いつもやる気に溢れた状態で仕事に取り組めるんだろう、、、早く結果を出したいのに、、、

このように感じているのなら、この記事はあなたのためのものです。ですが、今から話すことは、あなたにとって耳が痛く、不快に感じるかもしれません…

なので、ここから先を読む場合は自己責任でお願いします…

しかし、もしあなたが心を開き、この記事を読むのなら、仕事のモチベーションの上げ方を知ることができるでしょう。

まず、重大な事実があります。それは、、、


モチベーションが上がるまで待っているような人は、決して結果を出せない


ということです。

これがモチベーションの大きな罠です…。というのも、ほとんどの人がモチベーションが勝手に上がるのを待っているのです。例えば、、、

  • モチベーションが上がったら行動しよう
  • モチベーションが上がったら仕事をしよう
  • モチベーションが上がったら勉強しよう

あなたもご存知のように、こう考えると面白いことが起きます。

え?何が起きるか?

「何も起きない」ということが起きるのです・・・。モチベーションが上がるのを待っていたら、いつの間にか3日、、、3週間、、、3ヶ月と過ぎているのはほとんどの人が経験しているでしょう…

ベストセラー作家である、ロバート・リンガーはこう言っています・・・

「もし、書くためのモチベーションを待たなければならないなら、これまで書いてきた本は1冊もかけなかっただろう、、」

ということです。つまり、ロバート・リンガーが成功した理由は、「モチベーションが上がる前に行動していた」ということです。

他にも、私の大好きなアメリカの億万長者メーカーである、ダン・ケネディは、、、

「モチベーションが上がる方がマレです。私は朝の1時間、とにかく書き物をする」

と言っています。

言うまでもありませんが…結果を出している人の共通点は、、、


待たない


ということです。

イチロー選手は、「成功するには一つしか方法がない、それは、小さなことを積み上げること」と言っています。

イチロー選手もモチベーションの上げ方が分からなくなったときがあるはずです。ですが、「毎日とにかく素振り」をしたのです…

  • 誰かが教えてくれるのを待たない、、、
  • 上手にできるようになるまで待たない、、、
  • やる気がでるのを待たない、、、

つまり、風が吹くのを待たないということです。とはいっても、「はぁ?じゃあ気合いに頼らなきゃいけないのかよ」とあなたは思ったかもしれません・・・

いいえ、全然違います。気合いや意志力が無駄なことは、すでに多くの国で証明されています。それを最初に言ったのは、アメリカでトップクラスの形成外科医、Dr.モルツです。1972年で亡くなりましたが、Dr.モルツの著書『サイコ・サバネティクス』で「プラス思考が無駄な理由」を語っています…


仕事のモチベーションの上げ方は簡単です


ここで、良いニュースがあります。

実は、モチベーションの上げ方は「簡単である」ということです。さっきお話ししたロバート・リンガーやダンケネディが使っているモチベーションの上げ方をご紹介します。

とはいっても、あなたはスグにこれを信じることができないかもしれません・・・なぜなら、「え?これだけ?」という拍子抜けな内容だからです。真新しいことでもありません…

しかし、実際に実践できている人が少ないのです・・・

これを21日間続ければ、きっとあなたもおどろくでしょう。

私はこの方法で、モチベーションに関わらず、毎日記事を書くことができました。ブログ月収15万円を達成できました。自動的にこの収入が入ってきました。でも、自慢したいためにこの話をしているのではありません・・・

これからも、この簡単なモチベーションの上げ方を実践していくでしょう。ベストセラー作家や、成功している人が実践しているので間違いありません・・・

効果は実証済みです。さて、では説明しましょう。

モチベーションの上げ方が分からないとき、どうしてもやる気が出ないとき、感情が仕事を嫌がっているとき、どうすればいいのか?それは、、、


ただ、やり始める


ということです。

しかしこれを聞いて「はぁ?」とあなたは思ったかもしれません。しかし、これは本当です。脳は、行動や実践によって、気持ちが後からついてくるようにできています。面白い例があります。

きっと、あなたも経験済みでしょう・・・

例えば、、、

  • 「どうしても仕事に行きたくない…」
  • 「仕事の気分じゃない…」
  • 「絶対に絶対に今日はもう行かない…」

と思ったことはありませんか?こんな時は完全にやる気ゼロです。どうしようもありません。でも、実際に仕事に行ってみると・・・

  • 「あれ?普通に仕事に取り組めてる」
  • 「さっきまで嫌々だったのに、おさまった」

という経験をしている人は多いはずです。

仕事以外にも言えることですが、一度行動・実践してしまうと、モチベーションは低い位置から脱出できるのです。

なぜなら、次のようなことが分かっているからです。それは、、、


行動は考えを凌ぐ


ということです。どんなにやる気がなくても、ちょっと行動し始めると、気持ちが後から付いてくるのです。

どんなに暗い気持ちのときでも、鏡の前で3分間ニコッと笑ってみてください。最初は抵抗感がありますが、3分経つころにはきっとあなたも驚いていることでしょう…

気持ちが後から付いてくるからです。

「考えは行動を凌ぐ」のと同様で、「行動も考えを凌ぐ」ことを忘れては行けません。

どんなことも、必ず行動が考えを凌ぎます。「モチベーションの上げ方が分からない」「モチベーションが上がるまで待とう」なんて思ってしまうのが、モチベーションの罠です。

なぜなら、、、

モチベーションが上がるまで待っていたら、あなたの仕事はいつまでも経っても、、、


目標達成できないからです


モチベーションの上げ方は人それぞれです。

勘違いしている人が多いのですが、いつもモチベーションが高いように見える人でも必ず、やる気は一定ではありません。とはいっても、彼らは自分自身のモチベーションの上げ方を知っています。

それは、、、

  • 自己啓発書を読んだり、、、
  • モチベーションが高い人に連絡したり、、、
  • 最終目標を確認したり、、、
  • 自分を褒めてあげたり、、、
  • 過去の成功を思い出したり、、、

ということです。どちらにしても、結果を出している人はどんな時でも「ただ、行動する」「ただ、実践する」「ただ、やり始める」というプロセスを必ず辿っています。理由は簡単です。

モチベーションが後から付いてくるからです。

「よし、まずは1分だけやってみよう」と行動するのです。すると、不思議なことに1分だけには収まらず、やり続けていることに気づきます。

すると、悟るのです、、、


辛いのは最初の1歩だけ


ということに。。。

実は、私が今書いているこの記事も、最初はモチベーションが低い状態でした…。

私の習慣は、朝6時に起きて、運動やストレッチ、朝ごはんを食べます。そして準備ができたら必ず、8時にはパソコンの前に座ります。私の仕事が始まります。タイマーを2時間にセットします。

そして、モチベーションが低くても高くても関係ありません。私は「ただ、記事を書く」という作業を行うのです。決まっていることなのです。

どんなにやる気が無くても関係ありません。でも、これは「無理をしている」「気合い」「意志力」とは全然違います。

なぜなら、書き始めて数分後には「仕事のモチベーションが上がっている」ということを知っているからです。後から気持ちが必ずついてきます。やってみると驚きます。

達成したい目標がはっきりと定まっているなら、この方法は有効です。その行動は自分が欲しいもののために行動しているのですから。

もしあなたが、、、

  • 今日はやる気起きないからいいや!!
  • 1日くらい休んでもいいよね

なんて考えているなら、モチベーションの罠に引っかかっている状態です。ズルズルと目標達成できる日が伸びていくでしょう・・・

P.S.

もしあなたが、自分が嫌いで嫌いでたまらないなら、まずはこの人と友達になってください。「この人」とは自分自身のことです。モチベーションの上げ方が分からない原因の一つは、自分を好きになれないことです・・・

【自分を好きになる方法とは?】