【広告が表示されない?】Googleアドセンス規約守れてますか?

文章の出だしから詰まっているあなたへ

文章の出だしは重要です。

なぜなら、文章の出だしがつまらなければ、読者はあなたのサイト、もしくはブログからすぐに離れてしまうからです。もし、あなたが…

文章の出だしって何で難しいんだろう…

読者を引きつける文章が思いつかない…

パソコンを目の前にして手が止まってしまう…

こう思っているなら、この記事はあなたのためのものです。ほとんどの人は、潜在意識に訴えかける”この方法”を知りません…

ブログビジネスの出だし例をいくつかご紹介します。

この記事を読み終わる頃、あなたの文章力はレベルアップしていることでしょう。

ブログビジネスで重要なのは本当に出だし?

なぜ、あなたのブログビジネスは上手くいかないのでしょうか?なぜ、読者の訪問時間が少ないのでしょうか?なぜ、あなたの文章は読まれないのでしょうか?

こんなことを言うと、あなたはイラッとするかもしれません…

しかし…

この記事にたどり着いたということは、これらの悩みがあったからだと思います。今から話すことはとても重要なことなので、一字一句もらさずに読んでください。そして…

できるだけ早く実行してください!

人間は、アウトプットすることで習得することができます。

「いい話聞いたな」で終わる人は何も身につきません。人間は48時間以内にアウトプットをすると習得する確率が高まると言われています。

でもその前に、、、

話しておかなければならないことが1つあります。

多くの人が勘違いしています…

これは、多くの人が勘違いしていることです。

ブログビジネスで一番重要なのは、「文章の出だし」ではありません。文章のクオリティでもありません。素晴らしいコンテンツでもありません。

では、一体なんでしょうか?

答えは簡単です。

「タイトル」や「見出し」です。

これは重要な事実です。

なぜなら、人は「タイトル」や「見出し」を見てから“読むかどうか”を決めます。つまり、どんなに文章能力があっても、どんなに人を引きつける出だしの文章でも、どんなに素晴らしいコンテンツでも、読まれなければ…

「無いも同然」

なのです…

なので、もし「タイトルの例」を先に確認したい方は、こちらの記事をチェックするといいでしょう。

【なぜ、ブログタイトルの付け方が重要なのか?】

「いや、そんなこと分かってるし」と思った方はこのまま読み進めてください。文章の出だしはたくさんのパターンがあります。中でも効果的な「文章の出だし例」をご紹介します。

きっとあなたはびっくりするでしょう。

ブログビジネス用:「文書の出だし例」

では、ブログビジネスで2番目に重要な「出だしの例」についてご紹介します。

あなたもご存知のように、読者の注意を引かせることを考えます。読者に「おっ」と思わせるような出だしが大切です。とはいっても、この「心理」をしっかりと活用している人はほとんどいません。

基本的なこと…

まず、とても基本的なことを話します。

今日から実行してください。

必ず、読者に呼びかけるときは「みなさん」を使わないでください。大衆に呼びかけるような文章にすると、読者は心理的に「自分のことではない」と潜在的に思ってしまいます。

なので、あなたが今日から使う単語は「あなた」です。

「あなた」を使うことで、読者は「自分に話しかけられている」と潜在的に思い込のです。

想像してみてください。

あなたは、30人以上いるセミナーに参加しています。講師が、興味のない話をしています。あなたは眠くなるか、話をスルーして聞いているかのどちらかになるかもしれません。

しかし、興味がない話をしていても、あなたと講師が二人っきりだったどうでしょうか?うなずかざるを得ないのではないでしょうか?なぜなら、その話は「あなただけに話しているから」です。スルーすることはできません。

文章でも同じです。

では、比べてみましょう。次のような文章のうち、どちらの出だしが「おっ」となりますか?

「文章の出だしから詰まっている皆さんへ」

「文章の出だしから詰まっているあなたへ」

言うまでもなく、「あなた」が使われている方が”自分だけに話しかけられている感”が強いはずです。これからあなたが学ぼうとしているのは、潜在的に話しかける方法と、「おっ」と思わせる文章術です。

驚かないでくださいね

文章の出だしが重要?それは間違いです…

Googleアドセンスでおすすめなのはワードプレス!

さて、この「見出し」の文章を見てください。

あなたはどう思いましたか?

『文章の出だしが重要?それは間違いです…』

この文章を見たとき、「文章の出だしは大切だ!!」と信じている人は、「え!?」となりますよね。この戦略も、読者を引きつけるのに有効です。

相手が信じていることと逆のことを言うのです。潜在的にも意識的にもビックリさせることができます。

読者が「信じていること」と逆のことを言う

例をいくつかあげます。

ブログビジネス文章の出だし例1

『もしかして、あなたは「ブログビジネスは稼げる」なんて思ってませんよね…』

この出だしもかなり使えます。

「括弧」の中に入れる文章を考えればいいのです。例えば、『もしかして、あなたは「インターネットで稼げる」なんて思ってませんよね…』他にも『もしかして、あなたは「文章能力があれば、稼ぐことができる」なんて思ってませんよね…』

などです。

もちろん、その後に補足だったり「なぜ、違うのか?」をハッキリと説明する必要があります。まだまだ例をあげていきます。テンプレートとしてノートに書いておくのもいいでしょう。

ブログビジネス文章の出だし例2

“誰でも簡単!すぐに稼げます!!”

まさか、あなたはこのような言葉を信じたことはありませんよね…』

などです。

この例に当てはめても良いと思いますし、このようなテンプレートを自分で考えても良いかもしれませんね。

ブログビジネス文章の出だし例3

『もしあなたが…

・文章が苦手、、、

・出だしからパソコンの前で手が止まってしまう、、、

・読者の気持ちがわからない、、、

と考えているのであれば、この記事はあなたのためのブログです。ほとんどの人はこの”方法”を知りません。』

というような、「相手の悩み」「知りたい情報」に特化して文章を出だしに使います。すると、読者は「おっ!まさに俺が必要としていた情報だ!」となります。

そして、箇条書きにすると、人間は読むことが多くなります。人間は箇条書きが好きなのです。しかも、「3つ」という数字が魔法の文章術です。箇条書きを3つ並べるのも良いですが、「これらの3つに当てはまりますか?」など「3つの理由」というのも効果的です。

この記事の出だしも確認してみてください。

同じ戦略が使われています。

「出だし例」だけに限らず…

ブログビジネスだけに関わらず重要なことがあります。

それは、「たった一人の相手」を絞り、その人だけに問いかけることです。

アメリカでは有名な、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)でよく言われる戦略ですが、これを”ペルソナ”と言います。

ペルソナ、つまり「たった一人の相手」に対してメッセージをするこで、反応率が上がるのです。

ブログビジネス、リアルビジネス、実店舗ビジネス、すべての基本と言われています。

ある会社では、「◯◯さん」と名前まで決めて、その人の性格、趣味、住んでいることころ、興味のあること、信じていることを調べ上げ、「たった一人の相手」にメッセージを伝える文章を考えます。

そうすることで、読者の目を引くことができ、売上も上がるのです。

「そんなことしたら、他の人を取りこぼしちゃうんじゃないか・・・」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ブログビジネス文章の出だし例4

『見出しの例を探しているあなたへ』

先ほどと少し被るかもしれません。しかし、これは”特定の相手”には「俺のことか!」と注意を引くことができます。出だしで重要なのは「自分に話しかけられているんだ」と思わせることです。

これはシンプルですが、かなり効果的です。

完全に相手の悩みを「狙い撃ち」しています。

出だし例:小栗旬が大好きなあなたへ
(芸能人ブログビジネスを運営している場合)

出だし例:自分を責めてばかりのあなたへ
(精神科医のブログビジネスを運営している場合)

出だし例:15分も座ってられないあなたへ
(カイロプラクティック・整体院のブログビジネスを運営している場合)

これは、私のことだ…。「座骨神経痛」や「椎間板ヘルニア」になった人には有効なメッセージです…

出だし例:ダイエット製品にウンザリしているあなたへ
(ダイエット商品・食品の販売ビジネスの場合)

出だし例:思い通りの髪型にならないあなたへ
(美容院ビジネスの場合)

出だし例:思い通りの人生にならないあなたへ
(自己啓発ビジネスを運営している場合)

もう、ご存知の通り、これは「出だし」だけでなく、「見出し」「タイトル」にも使うことができます。

ブログビジネス文章の出だし例5

『もし、あなたが佐々木希が大好きなのであれば、ここから先は絶対に読まないでください。なぜなら、佐々木希のプライベートやヤンキー時代の話をしているからです…。

あなたが佐々木希にのファンだったり「何を知っても大丈夫だ」という覚悟がある人だけ続きを読んでください…

これは佐々木希を知っている人であっても、知らなくても気になるような心理的メッセージです。注意を引くのにかなり効果的です。

人間は「絶対に見ないで」と言われると、絶対に見たくなります。「絶対に◯◯しないでください」というのは、「やってくれ」と言うのと同じことです。

すでに実証済みで証明済みの事実です。

「絶対に食べないでね」

という言葉をよく子供に使うお母さんがいます。この場合、ほとんどの確率で食べられます。なぜなら、お母さんは「食べてね」と言ったからです。

??

いや、言ってないけど、 と思うかもしれませんが、言っているのです。なぜなら、人間は「絶対に食べないでね」という言葉を理解するのに、食べることしか想像できないからです。

じゃあ、どうすればいいのか?ということですが、答えはこうです。

「お母さんが帰ってくるまで、食べるのは待っててね」

です。

自分の現在の生活について想像しないでください。と言われたら、それを理解するのに想像するしかありません。

有名な著書、『7つの習慣』を日本に広めたジェームス・スキナーはこう言っています。「事故が一向に減らない理由は、事故が起こるようなメッセージになっているからだ」と。

「絶対に秘密だよ!」

この言葉を使って守られた秘密は、3%もないかもしれません。

試しに、あなたの記事のタイトルに『この記事は絶対に見ないでください』と付けてみてください。クリック率がかなり上がるでしょう。

応用しない手はありません。

たくさんの例をご紹介しました。でもこれは一部に過ぎません。後日、需要がありましたらたくさんの例をご紹介しますね。

 

ぜひ、あなたのブログビジネスの出だしに、コレらの「テンプレート」を使ってみてください。驚く効果が得られるでしょう。

あたなのブログビジネスの成功を応援しています。

p.s

もしあなたが、ブログを資産化するための10の秘訣無料オーディオブックを受け取る準備ができなら、ただ下記ページに移動して、メルマガ登録をしてください。さらに…

いまならGoogle検索で上位表示するための11の秘訣オーディオブックもプレゼントしています。あるいは…もし準備ができていないのなら、このブログを気が済むまでお読みください。資産ブログのための重要な知識が詰まっています。

日本人の9割は自分の仕事を嫌っていますが、あなたもその一人ですか?