【ネタがない?ブログ運営者のあなたへ…】

ネタがなくて手が止まる…

あなたは、ブログを運営していて、このような悩みや不安を感じたことはありませんか?

・書くキーワードが決まっているけど、ネタがない…

・よし!記事を書くか!と思っても、パソコンの目の前で「うーん」と悩んでしまう…ネタが思い浮かばない…

・いざ、頑張って書いた記事。しかし、完成したネタに納得がいかない…

もし、こんな悩みを一度でも感じたことがあるなら、この記事はあなたのための記事になるでしょう。何を隠そう、私も「ネタがない」ことで悩んでいた一人です…

どんなに文章力があっても、ブログの書く「キーワード」によってはネタが尽きることってあると思います。

しかも、インターネットでたくさんネタがあるにも関わらず、どうしても書けない時もありますよね…

でも、安心してください。

今から話すことは、ネタがなくて悩んでいる時の解決方法です。

とは言っても、Googleアドセンスの広告収入を狙う人が対象です。そして、あなたが芸能人ファンブログ、スポーツ選手・歌手のブログ、犬や猫のブログ、車のブログ、バイクのブログなど、どんなブログビジネスを運営していようが関係ありません。

ネタがない」こと自体が問題なのです…

ネタがないことの原因をまず知ることです。

でも、、、

その前に確認しておかなければならないことがあります…

「キーワード」のネタがない?

この記事では、ブログで書く記事の「キーワード」が決まっているにも関わらず、「文章のネタがない」という人へ向けてお話ししています。

もし、あなたが「キーワード自体のネタがない」と感じているのであれば、この記事はあなたのための記事ではありません。

別の記事をお探しください…

では、たった1つの重要なことを今から話していきます…

怒らないでくださいね。。。

ネタがないあなたへ

【ブログの文字数が有利!SEOを極めろ!】

時間だけが過ぎる…

パソコンの前で手が止まっています。。。

時間だけが、あっとういう間に過ぎてしまいます。安定したブログ収入を得るためには、記事数が必要です。。。

でも、手が止まってばかりいたら、あなたの継続収入は全然増えていきませんよね・・・

では、そもそも手が止まる原因をお教えします。

ネタがない時の最大の原因…

答えは明白。

「ネタがない」ということは、正直な話、リサーチ不足です。こんなことを言うと、あなたは怒るかもしれません…

しかし、「ネタがない」ということは、そもそも読者の欲しいネタを理解していないことが原因です。でも、、、

いやいや!今田さん!わたしは理解していますよ!それでも文字数が足りないんです!

と思う人も少なくありません。その場合でも同じです。「読者の欲しいネタを理解し切れていない」のです…

なぜなら、「読者の悩みや不安」、つまり「欲しい情報」というのは、ほとんど尽きることがありません。

リサーチの定義

簡単に言います。

リサーチとは、「読んでもらいたい相手」の悩みや不安を調べることを言います。もっと深く言うと、「読んでもらいたい相手」の考え方、感情、性別、生活習慣、職業などが分かれば、もっと書きやすくなります。

とは言っても…

芸能人ファンブログなどを運営している場合には、ここまでする必要はないかもしれません。しかし、知っていることで、読者に興味を引かせる記事にできるのは間違いありません。

読者に興味を引かせて
記事に釘付けにするための
2つの質問

リサーチをするとき、年頭に入れるべき2つの質問です。

1.読者は何の情報が欲しくて、この記事に来るのだろうか?

2.「おっ」と驚かせるようなタイトルにするにはどうすればいいか?

この二つを抑えれば、興味を引かせることができます。ですが、おそらくあなたが本当に知りたいことは

ブログのネタがない時の3つの処置法…

目標達成に失敗する人しない人

あぁ…文字数が足りない…

では、次の3つの方法を試してみてください。

ここでは、芸能人ファンブログで運営している人のために話していきます。もちろん、アイディアとして他のブログでも使えますのでチェックしてみてください。

その方法とは…

ブログで書くネタがない時の対処1

気分転換する

気分転換をしましょう。

「は?」とあなたは思うかもしれません。ですが、人間の「脳」は過剰に意識し過ぎると、思考や行動の邪魔になることが分かっています。

ユージン・ロードセップ氏の研究では、「無意識の思考」を使うことをオススメしています。

簡単に説明すると、人間の「左脳」は意識的にものを考え、言語などの情報を処理する働きがあると言われています。

その逆に、「右脳」は無意識的にものを考えます。物事を全体的に見る能力があるそうです。

つまり、ネタがないと感じているときや、意識的になり過ぎているときは右脳が働いていない状態です。右脳を使う方法は、リラックスすることです。

「一度休憩したらアイディアが浮かんだ」

という人が多いのはこのためです。

右脳と左脳、
両方うまく使う方法

ステップ1:記事のネタになりそうな情報をありったけ集め、チェックします。情報を理解します。

ステップ2:情報をチェックしたら、寝ます。そして、次の日に記事を書きます。すると、驚きます。情報を集めた瞬間に記事を書くのと、間に時間を空けたのでは、記事のクオリティと、書くスピードも違うのです…

大きな仕事をする時も、大量の情報を頭に詰め込み、数日後にスタートします。すると、その「何もしていない時」に右脳が裏で働いてくれているのだそうです。

これが、無意識の芸当…

ブログで書くネタがない時の対処2

常にネタを探す

これを意識すると、「あ!このネタ使いたい!記事にしたい!」と思うことがたくさん見つかるはずです。

例えば…

家にいるとき、出かけるとき、買い物に行くときにネタを探すのです。

「記事になりそうなものはないかなぁ」と自分自身に質問をしながら生活していると、大量のネタが集まるはずです。

もちろん、ノートとペンは常に持つようにします。

誰かと会うとき、本を読むときでも同じです。私は、芸能人ファンブログで自動収入を確立しました。

そんなブログでも、自己啓発本の文を引用して使うこともできましたし、実際に会った出来事などを記事の内容にすることもできました。Googleアドセンスブログに限ったことではありません。

ネタがないのは探していないからです。

メルマガ運営やブロガーとして食べている人は、常にネタを持っています。これは頭が良いわけでも、才能ではありません。

常に探しているからです。

ブログで書くネタがない時の対処3

途中で記事をUPする

これは、諦めるように聞こえてしまうかもしれません。しかし、今からある事実をお話しします。

完璧主義はお金を引き離します。

なぜか?理由は簡単です。完璧を求めていると、記事を書くスピードが遅くなるからです。

逆に、7割〜8割くらいのクオリティを目指して書くと、あっという間です。とは言っても、私たち人間は「批判されたくない」とか「感動させるものを書きたい」とか人目を気にする生き物です。

完璧を求めないことが難しい人もいるでしょう…

Dr.マクスウェル・モルツの言葉を思い出してください。

“完璧主義は成功の敵”

100%のクオリティを目指している人は、どうしても仕事が遅くなってしまいます。

ネタがないときで時間だけが過ぎてしまうようなら、ある程度作ってしまい、後日書くのもありです。私は「どんなにクオリティが低くても最低でも1.5〜2時間で必ずUPする」と決めています。

修正をするつもりで記事をUPして行くことは大切です。何時まで経ってもアウトプットがないのでは意味がありません。

なぜなら、記事にアクセスが集まってから修正しても遅くはないからです。

例えば、「ブログで書くネタがないときの対処1〜5」まで書くつもりだったけど、1〜3までにしちゃった。でも良いのです。

え?私のことかって?その通りです。

本当は『ブログのネタがない時の対処1〜5』まで書くつもりでした。また後日UPしても遅くはないのです。

あなたのブログの成功、応援しています。

p.s

もしあなたが、ブログを資産化するための10の秘訣無料オーディオブックを受け取る準備ができなら、ただ下記ページに移動して、メルマガ登録をしてください。さらに…

いまならGoogle検索で上位表示するための11の秘訣オーディオブックもプレゼントしています。あるいは…もし準備ができていないのなら、このブログを気が済むまでお読みください。資産ブログのための重要な知識が詰まっています。

日本人の9割は自分の仕事を嫌っていますが、あなたもその一人ですか?