警告

【警告】アドセンスがクリックされない理由…

あなたのブログの広告が
クリックされない理由…

もしあなたが、、、

  • アドセンスがクリックされない、、、
  • そこそこの読者が集まってきたけどアドセンスのクリック率が低い、、、
  • アフィリエイトの広告がクリックされない、、、

と感じているのなら、この記事はあなたのためのものです。しかし、今から話す内容はあなたにとってとても耳が痛く不快な内容に感じるかもしれません・・・

なので、もし気持ちのいい話を探しているのであれば、この記事は読まないでください・・・逆に、もしあなたがブログで成功しようと「向上心」「成長意欲」「収入願望」に溢れているのであれば、続きを読んでください。

ここからは自己責任でお願いします・・・

さて、

なぜ、あなたのブログのアドセンスがクリックされないのか?なぜ、記事数が増えてきたのにクリックされないのか?理由は簡単です。

それは、、、


読んでてつまらないから


ということです。

もしかすると「はぁ?」とあなたは思ったかもしれません…。しかし、読まれる記事なのに、アドセンスがクリックされない訳がないのです。

その証拠に、あなたのブログである読者の「滞在時間」を調べてみてください・・・じっくりと読まれている記事であればあるほど、アドセンスがクリックされている統計が必ず取れます。なぜか?

理由は簡単です。それは、、、


つまらない記事は、冒頭で読むのをやめてしまうから


ということです。

きっとあなたも、自分のブログにアドセンス広告を3つ貼っています。

一番上・真ん中・一番下に設置しているはずです。大抵は、冒頭でクリックされることが多いのですが、冒頭のアドセンスがクリックされない場合、次に読者が通るのは「真ん中の広告」です・・・

つまり、その真ん中まで読者が「読み続けているか」が問題なのです・・・。真ん中まで読み進み、さらにアドセンスがクリックされない場合もあります。。。

すると、次にクリックされるチャンスが来るのは、「最後の広告」です。ということは、「真ん中から最後まで記事を読んでくれるか」ということが重要なわけです。。。

つまり、ただつまらない記事を大量生産しても意味がないのです。

なぜなら読者は、、、


興味がある記事しか読まないから


ということです。これは、重大な問題です。

「はぁ?そんなのあたり前じゃん」とあなたは思ったかもしれません。しかし、実際にGoogleアドセンスの実践者、そして、稼げないアフィリエイターの多くがこの壁を乗り越えられずにいるのです・・・

  • なぜアドセンスがクリックされないんだろう、、、
  • なぜ読者の滞在時間が短いんだろう、、、

正直に言います。

アドセンスがクリックされないのは致命的です。

とは言っても、これは誰もが通る道です。。。実際、僕も人のことは言えません・・・。なぜなら、最初は「大量生産」をしていたからです。いわゆる、「つまらない記事」を書いてきました。

数ヶ月してから、「Googleアナリティクス」で読者の滞在時間やアドセンスクリック率を調べたのです。すると、重大な事実が分かりました。それは、、、


時間を掛けて楽しく書いた記事は読まれている


ということです。

もちろん、ただ時間を掛けて「つまらない記事」の文字数を多くしても意味がありません。読まれない記事はどんどん検索エンジンからも順位が低くなる可能性があります。

Googleから「価値のない記事」というレッテルを貼られるからです。

では一体どうすればいいのでしょうか?

文章スキルを上げるしかないのでしょうか?

文章スキルを磨くヒマもない、、、勉強するヒマもない、、、そんなことをしていたらあっとういう間に数ヶ月過ぎてしまう。。。もっと早くクリックしてもらう方法はないのでしょうか?


文章スキルがないと、やっぱりダメなのか?


ここで、良いニュースがあります。

Googleアドセンスに関しては、文章スキルがなくても問題はありません。もちろん、文章がうまいに越したことはありませんが・・・。

でも、一瞬にしてあなたのブログの記事を進化させる方法があります。しかしこれを聞いて「なんか胡散臭いな…」とあなたは思ったかもしれません。

でも、「ズル」でもなければ「反則」でもありません。なぜなら、この方法は、、、


行動心理に基づいてる実証済みの文章


だからです。

もしあなたが、今から話す3つの秘訣を使えば、、、

  • アドセンスがクリックされない」と悩むことがなくなります
  • 「つまらない記事」と言われなくなります
  • Googleから「価値のない記事」というレッテルが貼られなくなります

つまり、あなたのブログは「読まれる記事」になります。

冗談ではありません。

しかし、あなたがしっかりと実践しなければ、このスキルは知ってても無駄になります。ほとんどの人は「あ、それ知ってる」と言うだけで実践できていないのです・・・

そして、この行動心理を使った文章は、もともと日本では使われていませんでした・・・どういうことか?というと、この行動心理スキルは、、、


最近…
アメリカから日本に入ってきたばかりのスキル


なのです。

もしかすると、あなたも名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

この手法は、DRMと言われています。なんの略か?これは「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」です。簡単に言えば、「すぐに反応(行動)してもらうための心理術」のようなものです。

アメリカの企業では多く使われていますが、現在日本でも少しずつ使われ始めてきています。ちなみに、このスキルを日本に広めたのは「ダイレクト出版」さんです。たった数年で何億もの売り上げを達成しているとのこと・・・

つまり、僕が今書いているこの記事もDRMを施した文章ということです・・・

本来ならクライアントさんにしか教えないスキルですが、特別にほんの一部ですが、紹介したいと思います・・・

きっと僕と同じように、あなたもおどろくかもしれません・・・

今から話す秘訣は、全部で3つあります。

「アドセンスがクリックされない」を抜け出す3つの秘訣

【ネタがない?ブログ運営者のあなたへ…】

アドセンスがクリックされないのは今日で終わり…

難しく考える必要はありません。

これは誰にでもできます。そして面白いです。面白すぎてハマってしまうでしょう・・・その3つの秘訣がこれです・・・

「アドセンスがクリックされない」を抜け出す1つ目の秘訣

読者の気持ちを代弁してあげる

ということです。つまり、読者が「今現在感じていること」をあなたが代わりに言ってあげるのです。これだけ聞いても分かりづらいと思いますので、具体的な例を出します。でもその前に、3つ念頭に置いておいてください。

これは重要です。それは、、、

  • 読者は常に注意散漫である
  • 読者はハナからあなたのサイトに関心がない
  • 読者はまったく集中力がない

ということです。これは、どんな読者にも共通して言えます。

「よし、この記事を真剣に、じっくりと、集中して見よう」なんて読者はいません。何か面白そうなことを見つけると、すぐに記事から離れてしまいます・・・

つまり、注意散漫な読者をいかにして注意を引くかが問題となります。ちょっとやそっとでは離れないような仕掛けを記事に設置するのです。もちろん、その仕掛けは文章です。

読者の気持ちを代弁してあげる

仕切りなおして、読者の感情を代わりに言う方法の具体例を教えます。例えば、「佐々木希 メイク」で検索エンジンで検索した人がいたとします。すると、どのサイトをクリックしようか迷っています。

そこにはこんなタイトルが並んでいます・・・

  • 佐々木希のメイク方法!
  • 佐々木希風アイメイク!
  • 佐々木希ものまねメイク術!

あとで、タイトルの部分にも触れますが、ここでは「気持ち」「感情」の部分に焦点を当ててください。これだと読者の気持ちが入っていませんよね・・・しかも、どれも同じようなタイトルです・・・

では、どうすればいいのか?答えは一目瞭然です・・・

  • 佐々木希のメイク方法がうまくいかない3つの理由
  • なぜ、佐々木希のメイクがうまくいかないのか?
  • 佐々木希のメイク方法で失敗しました…
  • 佐々木希に似てるねって言われました!それがこのメイク方法です…
  • このメイク方法で、佐々木希に似てるねって言われました…
  • 佐々木希風の間違ったメイク方法とは?

これで分かったと思います。

つまり、佐々木希さんのメイク方法によって「どんな結果、どんな感情、どんな体験」になったのかを代わりに述べるのです・・・。詰まらない文章とは「事実だけを述べた文章」です。これはタイトルにも当てはまります・・・

そして、ここで滞在時間を増やすための重要なポイントがあります。それは、、、


ターゲットをたった1人に絞ること


僕のこの記事のタイトルを見てください・・・

僕のブログに偶然訪れた読者がいたとします。

もしその読者が、ブログに関して知識がない場合、しかもブログすら触ったことのない人なら、このタイトルに反応することはできません・・・。なぜなら「アドセンスがクリックされない」と言われても意味が分からないからです。

何もなかったかのように読者はスルーするでしょう。

しかし、ブログを実践していて結果が出ていない人だったり、クリック率が低くて悩んでいる人なら・・・

『【警告】アドセンスがクリックされない理由…』

なんて書かれていたら、見る以外の選択肢はありません

なぜなら、「これは私に言っていることだ」と読者は錯覚するからです。人間は「自分だけのメッセージ」を求めています。

それを理解した上で2番目の秘訣に移ります・・・。これは重要です・・・

「アドセンスがクリックされない」を抜け出す2つ目の秘訣

タイトルで注意を引く

あなたの一番目の目標はなんでしょうか?

面白い記事を書くことでしょうか?アドセンスをクリックさせることでしょうか?読んでもらう記事を書くことでしょうか?

いいえ、全然違います・・・。一番目の目標はタイトルをクリックしてもらうことです。タイトルがクリックされないなら、あなたのブログはどんなに価値のあるものでも、「ないのと同じ」なのです・・・

なので、さっきも説明したような「読者を代弁したタイトル」を作りましょう。その際に気をつけることは、「続きが読みたくなるタイトル」にすることです。

具体的には、こちらの記事が参考になるでしょう・・・

→【見出しの書き方が重要な3つの理由…】ブログ運営…

「アドセンスがクリックされない」を抜け出す3つ目の秘訣

サブタイトルも手を抜かない

あなたも知っている通り、読者は「注意散漫」です。

すぐに集中力を切らして、どかへ行ってしまいます。なので、それを引き止めるための「フック」が必要です。スクロールするところを捕まえるのです。つまり、サブタイトルで読者を引き止めます。。。

この記事のサブタイトルを見てください・・・

例えば、冒頭でも述べた『読んでてつまらないから』というのは、完全に読者の心に衝撃を与えるものになっています・・・

イラっとするかもしれませんし、ドキッとするかもしれませんし、憎たらしくて僕に怒りを覚えるかもしれません・・・。しかし、そうすることでしっかりと読んでもらうことができます。

この言葉を焼き付けてください・・・それは・・・


人はタイトルで読むかを決め、サブタイトルで続きを読むかを決める


ということです。

さて、これであなたの文章スキルは磨かれました。知っているだけでも意識して書くことはできますが、いろんな例を探して真似すると自然と実践に応用できるようになります。

あなたのブログは今日から『アドセンスがクリックされない』なんて言うことがなくなるかもしれません。しっかりと実践に移してみてください。

P.S.

もし、あなたが短期的にGoogleアドセンスブログを成功させたいなら、この無料メール講座がおすすめです。

Googleを理解し、Googleに好かれ、Googleの広告を使う方法